(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB26-040(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.6 (America, 1938-1944) 目次  Contents (総目次)

第2巻第6章 アメリカ(1938~1944)

 典型的な・アメリカの魔女狩り(注:異端者に対する迫害)が私に対して開始され*,私はアメリカ合衆国全土にわたってタブー的存在になった。
*著者注:ニューヨーク郡の戸籍登録官が,私を「タールを塗って,羽をつけて,米国から追放すべき人間」であると公言した。彼女の言明は,一般的な非難の典型的なものであった。
私は,講演旅行の契約をするつもりであったが,魔女狩りが拡がる前に,講演の約束をしていたのは1件のみであった。この約束をしたラビ(注:ユダヤ教の聖職者)は契約を破棄したが,彼を責めるわけにはいかない。なぜなら,会場の所有者が,私が講演するのならホールを貸すことを断ると拒否したからである。もし私がどこであれ公の席に姿を現せば -警察の全面的な承認のもと- カトリックの群衆からリンチを受けたであろう。私が執筆したものはなんであっても,掲載してくれる新聞や雑誌はまったくなくなってしまい,私は,突然,生計をたてる手段を奪われてしまった。(母国の)英国から金を取り寄せることは法的に不可能だったため,このことは,非常に困難な事態を私たちにもたらした。特に,この時私は3人の子供を扶養しなければならなかったため,よりいっそうそうであった。多数のリベラルな考えの教授たちが坑議をしてくれた。しかし彼らは,私は伯爵だから先祖から受け継いだ不動産(地所)をもっていて,裕福に暮らしているにちがいない,と想っていた。ただ一人だけ,実際的なことを何でもやってくれた。それは,バーンズ博士であった。彼は,アージロール(防腐用含銀液)の発明者であり,フィラデルフィア近郊にあるバーンズ財団の創設者であった。彼は私に,その財団で哲学の講義をするよう5年聞の約束をしてくれた。これにより,非常に大きな不安を私から取り除いてくれた。彼がこの約束をしてくれるまで,いろいろな困難からどのように抜け出したらよいか,私にはまったく方法がわからなかった。英国から金を取り寄せることができなかったし,英国に戻ることも不可能であった。また,3人の子供たちを英国にもどすための乗船許可(乗船券)を手に入れるには長いこと時間がかかっただろうが,たとえその乗船券を入手することができたとしても,'電撃的空襲'(注:1940~1941年にかけての,ドイツ空軍によるイギリスの都市攻撃を言う)の最中に英国に戻す気にはどうしてもなれなかった。そういう事情で,ジョンとケイトを大学から退学させ,親切な友人たちに支援を受けながらできるだけ切り詰めた生活をする必要があるように思われた。このような陰気な見通しから,私は,バーンズ博士によって救われた。

v.2,chap.6: America

 A typical American witch-hunt was instituted against me*,and I became taboo throughout the whole of the United States.
* The Registrar of New York County said publicly that I should be 'tarred and feathered and driven out of the country.' Her remarks were typical of the general public condemnation.
I was to have been engaged in a lecture tour, but I had only one engagement, made before the witch-hunt had developed. The rabbi who had made this engagement broke his contract, but I cannot blame him. Owners of halls refused to let them if I was to lecture, and if I had appeared anywhere in public, I should probably have been lynched by a Catholic mob, with the full approval of the police. No newspaper or magazine would publish anything that I wrote, and I was suddenly deprived of all means of earning a living. As it was legally impossible to get money out of England, this produced a very difficult situation, especially as I had my three children dependent upon me. Many liberal-minded professors protested, but they all supposed that as I was an earl I must have ancestral estates and be very well off. Only one man did anything practical, and that was Dr. Barnes, the inventor of Argyrol, and the creator of the Barnes Foundation near Philadelphia. He gave me a five-year appointment to lecture on philosophy at his Foundation. This relieved me of a very great anxiety. Until he gave me this appointment, I had seen no way out of my troubles. I could not get money out of England; it was impossible to return to England; I certainly did not wish my three children to go back into the blitz, even if I could have got a passage for them which would certainly have been impossible for a long time to come. It seemed as if it would be necessary to take John and Kate away from the University, and to live as cheaply as possible on the charity of kind friends. From this bleak prospect I was saved by Dr. Barnes.
(掲載日:2009.05.09/更新日:2011.11.11)