(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.2

前ページ 次ページ v.2,chap.5 目次 Contents (総目次)

第2巻第5章 テレグラフ・ハウス時代末期(承前)


ラッセルの言葉366
権力(Power, a new social analysis, 1938)を書き上げたあと,私の思索が再び理論哲学に向かっていることに気付いた。私は,1918年入獄中に,'意味'に関連した諸問題に関心を持つようになった。それ以前は,それらの問題をまったく無視していた。私は,それらの問題について,若干,『心の分析』(The Analysis of Mind, 1921)や同じ頃書いた種々の論文の中でふれた。しかし,言わなければならないことはもっとたくさんあった。論理実証主義者たちは −その一般的な見解については,私も大部分賛成していたが− あるいくつかの点において,経験論を離れて新しいスコラ哲学(注:中世の思弁的宗教哲学)にいってしまう誤謬に陥っているように見えた。彼らは,'言語の領域'を,あたかもそれのみで自立し,言語以外の存在や出来事に関係付けて考える必要がないものとして取り扱う傾向があるように思われた
 オックスフォード大学で連続講義をするよう依頼を受けたので,私は「言語と事実」をテーマとして選んだ。その連続講義(の内容)が,1940年に『意味と真理の探求(An Inquiry into Meaning and Truth, 1940)という表題で出版された本の最初の草稿であった。
 私たちは,オクスフォードの近くのキドリントン(注:1937年に)家を購入して,そこに約1年間住んだ。けれどもそこでは,オクスフォード在住の女性が一人訪ねてきてくれただけだった。私たちは,尊敬されるような存在ではなかった。後にケンブリッジでもこれと同様の経験(注:尊敬されない存在となること)をもった。この点(注:訪問者は多数いること)においては,古くからの'学問の府'(中心地)は,他の地域とは違っていることがわかった。

この後に34通の書簡集が続くが,適宜邦訳することにして,次章に進むことにしたい。  

v.2,chap.5: Later Years of Telegraph House

の画像 After I had finished Power, I found my thoughts turning again to theoretical philosophy. During my time in prison in 1918, I had become interested in the problems connected with meaning, which in earlier days I had completely ignored. I wrote something on these problems in The Analysis of Mind and in various articles written at about the same time. But there was a great deal more to say. The logical positivists, with whose general outlook I had a large measure of agreement, seemed to me on some points to be falling into errors which would lead away from empiricism into a new scholasticism. They seemed inclined to treat the realm of language as if it were self-subsistent, and not in need of any relation to non-linguistic occurrences. Being invited to give a course of lectures at Oxford, I chose as my subject "Words and Facts." The lectures were the first draft of the book published in 1940 under the title An Inquiry into Meaning and Truth.
We bought a house at Kidlington, near Oxford, and lived there for about a year, but only one Oxford lady called. We were not respectable. We had later a similar experience in Cambridge. In this respect I have found these ancient seats of learning unique.
(掲載日:2009.04.21/2011.11.3)