(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB24-020(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.4 (Second Marriage) 目次  Contents (総目次)
(第2巻第4章 再婚)(承前)

 (帰国後)最初にしたことは,住む場所(住居)を見つけることだった。フラット(注:アパート)を借りようとしたが,私は政治的にもまた道徳的にも好ましくない人物とされていたので,家主は私を借家人とすることを拒否した。そこで,(ロンドン)チェルシー区シドニー街三十一番地に自分の家(自由土地保有権付きの家)を買った。(参考:以前に,ラッセルは1911〜1916年の期間,チェルシーにフラットを借りており,その場所には記念の Blue Plaque が掲げられている。)上の方の二人の子供(長男ジョンと長女ケイト)はそこで生まれた。しかし,一年中ロンドンで暮らすことは子供たちのために良くないように思われたので,1922年の春,コーンウォール(イングランド南西部の州)ポースカーノ(Porthcuruno:YouTube 動画是非このビデオを見てください!に家を手に入れた(右上写真 Carn Voel/出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, 1981)それはイングランドのランズ・エンド(Land's End)から4マイルほどのところにあった。その時から1927年にいたるまで,私たちはロンドンとコーンウォールに等分の期間を過ごした(注:つまり,毎年,ロンドンに約半年,コーンウォールに約半年)。それ以後は,私たちは,ロンドンで過ごすことはまったくなくなり,コーンウォールに滞在することも少なくなった。
 コーンウォールの海岸(Cornish Coast)の美しさは,私の記憶の中で,2人の健康で幸せな我が子が,海や岩石や太陽や嵐を体験する喜びを学んでいるのを見守る恍惚感(精神的高揚)と切り離すことはできず混じりあっている。私は,大部分の父親が可能である以上の時間を子供たちと一緒に過ごした。私たちは一年のうち6ヶ月間をコーンウォールで過ごしたが,その間私たちは,きちんと決まったしかも余裕のある日課をつくった。朝のうちは,私と妻は仕事をし,その間子供たちは乳母に,後には婦人家庭教師に,見てもらった。昼食後は,家族全員で,自宅から徒歩でいけるところにある多くの砂浜のうちのどれかに行った。子供たちは,裸で遊び,気の向くまま,海水浴をしたり,岩山を登ったり,砂の城をつくったりした。(右上写真出典:R. Clark's The Life of Bertrand Russell, c1975)もちろん,私と妻も仲間に加わった。私たちは非常にお腹をすかし,お茶の時間としては遅い時間に家にもどり,大量にお茶を飲んだ。それから子供たちを昼寝させ,大人の方はおとなとしての仕事に戻った。私の記憶では −−もちろん当てにならないところもあるが−− いつも日が照っており,4月を過ぎればいつも暖かった。しかし4月は(まだ)風が冷たかった。4月のある日,ケートが二歳三ヶ月半の時,彼女が独り言を言っていたのを聞き,私はそれを書きつけた。
北風が北極に吹き付ける
ヒナギクが草にぶつかる
風がブルーベルを吹き倒す
北風が南方の地の風に向かって吹く

 彼女は,誰かが聞いているとも知らず,また,「北極」が何を意味するかも確かに理解してはいなかった。
 そうした環境にあって,私が教育に関心をもつようになるのは自然であった。私は既に,『社会改造の原理』(1916年刊)において'教育の問題'について簡潔に書いていた。しかし今や教育の問題が私の心の大部分を占領したのだった。私は,『教育について−−特に幼少時における』という本を書き,1926年に出版され,かなりの売れ行きを示した。『教育論』について今考えれば,その本の基礎に置いた心理学はいくらか楽観的過ぎたように思われる。しかし,私が提案した方法は −ごく幼い子供たちをとり扱うのには,不当に厳しすぎたように今では考えるが− 価値基準(何に価値を置くか)については,自説を撤回すべき点はないと考える。



v.2,chap.4: Second Marriage

ラッセルが1922〜1927の間住んだ Carn Voel の画像
拡大する!(enlarge)
The first thing was to find somewhere to live. I tried to rent a flat, but I was both politically and morally undesirable, and landlords refused to have me as a tenant. So I bought a freehold house in Chelsea, No. 31 Sydney Street, where my two older children were born. But it did not seem good for children to live all the year in London, so in the spring of 1922 we acquired a house in Cornwall, at Porthcurno, about four miles from Land's End. From then until 1927 we divided our time about equally between London and Cornwall; after that year, we spent no time in London and less in Cornwall.

の画像
拡大する!(enlarge)
The beauty of the Cornish coast is inextricably mixed in my memories with the ecstasy of watching two healthy happy children learning the joys of sea and rocks and sun and storm. I spent a great deal more time with them than is possible for most fathers. During the six months of the year we spent in Cornwall we had a fixed and leisurely routine. During the morning my wife and I worked while the children were in the care of a nurse, and later a governess. After lunch we all went to one or other of the many beaches that were within a walk of our house. The children played naked, bathing or climbing or making sand castles as the spirit moved them, and we, of course, shared in these activities. We came home very hungry to a very late and a very large tea; then the children were put to bed and the adults reverted to their grown-up pursuits. In my memory, which is of course fallacious, it was always sunny, and always warm after April. But in April the winds were cold. One April day, when Kate's age was two years three and a half months, I heard her talking to herself and wrote down what she said:
The North wind blows over the North Pole.
The daisies hit the grass.
The wind blows the bluebells down.
The North wind blows to the wind in the South.

She did not know that any one was listening, and she certainly did not know what 'North Pole' means.
In the circumstances it was natural that I should become interested in education. I had already written briefly on the subject in Principles of Social Reconstruction, but now it occupied a large part of my mind. I wrote a book, On Education, Especially in Early Childhood, which was published in 1926 and had a very large sale. It seems to me now somewhat unduly optimistic in its psychology, but as regards values I find nothing in it to recant, although I think now that the methods I proposed with very young children were unduly harsh.

(掲載日:2009.03.28 /更新日:2011.10.6)