(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB23-010(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.3 (China) 目次  Contents (総目次)
(第2巻第3章 中国)

 私たち(ラッセルとドーラ)は,'ポルト(Portos)'という名前のフランス汽船に乗って,マルセイユから中国まで船旅をした(注:1920年にサイゴン港からフランスに向けて出航する郵便船の写真。ラッセルが乗船したのはこれと同じかあるいは似たような船であると思われる)(しかし)ロンドンを離れる直前になって,同船で伝染病(ペスト)が発生したために,出航が3週間延期されるということがわかった。だが私たちは,お別れの言葉を二度言うようなことはしたくなかったのでパリに行き,そこで3週間を過ごした。このパリ滞在中に私は,ロシアに関する著書(The Practice and Theory of Bolshevism/邦訳書:河合秀和訳『ロシア共産主義』)を書き終えたそうして,大変躊躇した後,その本の出版を決意した。ボルシェヴィズム(ロシア共産主義)への反対意見を述べることは,当然のことながら,(ロシア革命に)反対する者(反動側)を利することであり,私の友人たちの大部分は,ロシアについてはロシア(革命)に好意的なものでない限り自分の考えを言ってはならない,という見方をしていた。けれども私は,第一次世界大戦期間中,愛国者たちからの同様の議論(注:自国がたとえ間違っていても,自国の誤りを指摘することは敵国を利することになる。大英帝国万歳!)に耐えた(という経験がある)し,長い目で見ると,沈黙を守ることによってはいかなる良い目的も達成されないだろうと,私には思われた。私とドーラとの個人的関係の問題は,当然のことながら,事態をいっそう複雑にしていた。ある暑い夏の夜,彼女が寝てしまってから私は起き上がり,ホテルの部屋のバルコニーに坐り,夜空の星を凝視した。私は,熱した党派的感情から離れて,冷静に問題を理解しようと努めた。そして,カシオペア座(Cassiopeia:北天に見られる星座で,ギリシア神話に登場するエチオピアの王妃カッシオペイアに由来)と語りあっている自分を想像した。私には,ボルシェヴィズム(ロシア共産主義)について私が考えていることを発表しないよりは発表する方がずっと星との調和を保てるだろうと思われた。そこで私は,執筆を続け,私たちがマルセイユに向かって出発する前夜にその本を書き終えた
 けれども,パリにおける私たちの時間の大部分は,紅海(右地図参照)を通るのに適したフロック・コートや非公式の結婚式のために必要な花嫁衣裳や装身具で足りないものを買うことなど,とるに足らないことに費やされた。パリについて数日後には,私たち二人の間に存在していた仲たがいの現象はまったくなくなり,私たちは陽気になり,気が楽になった。けれども,船上では,物事がうまくいかなかったときも時々あった。私がロシアを好かないという理由で,ドーラが軽蔑の言葉を私に浴びせたので,私は神経質になっていた。私はドーラに,一緒に来たのは誤りだった,この状況から脱け出す最良の方法は海に飛び込むことだろうということを,遠まわしに言った。だがこの気分も,大部分は暑さによって生じたものであり,すぐに消滅した。
 航海は5,6週間続いた。そのため,乗客は,お互いにかなりよく知りあうようになった。フランス人たちは,ほとんどが公職についている連中であった。彼らは,ゴム栽培や商業に従事している英国人たちより,ずっと優れていた。英国人とフランス人との間にはいろいろ騒動が起こり,私たちは両者の調停者の役割をはたさなければならなかった。ある時,英国人たちは,ソビエト・ロシアについて話をするよう,私に依頼してきた。彼らがどういった種類の人間かということを考慮し,私はソビエトロシアの良いところだけ話した。すると,あやうく暴動が起こるところであった。私たちが上海に到着すると,同船していた英国人たちが,私たち二人の上陸を許可すべきではないと促す電報を北京の総領事館宛に打電した。私たちは,私たちの敵のリーダ(首謀者)の身にふりかかったサイゴンでの出来事を思いおこして自らを慰めた。(その出来事というのはこうであった。)サイゴンにある一頭の象がおり,その象の飼い主は訪問者(旅行者)にその象に与えるバナナを売っていた。私たちは,一人ずつ,その象にバナナを買い与えた。するとその象は,私たちに非常にエレガントなお辞儀をした。しかし,私たちの敵は,バナナを買い与えることを拒否した。その結果その象は,彼の汚れていないそのきれいな衣服全体に,汚水をあびせた。そうすることもまた飼い主がちゃんと教えていたのである。この出来事を私たちが面白がったことも,多分,私たちに対する彼の好意を増大させなかったのであろう。
の画像
enlarge(拡大する!)
We travelled to China from Marseilles in a French boat called Portos. Just before we left London, we learned that, owing to a case of plague on board, the sailing would be delayed for three weeks. We did not feel, however, that we could go through all the business of saying goodbye a second time, so we went to Paris and spent the three weeks there. During this time I finished my book on Russia, and decided, after much hesitation, that I would publish it. To say anything against Bolshevism was, of course, to play into the hands of reaction, and most of my friends took the view that one ought not to say what one thought about Russia unless what one thought was favourable. I had, however, been impervious to similar arguments from patriots during the War, and it seemed to me that in the long run no good purpose would be served by holding one's tongue. The matter was, of course, much complicated for me by the question of my personal relations with Dora. One hot summer night, after she had gone to sleep, I got up and sat on the balcony of our room and contemplated the stars. I tried to see the question without the heat of party passion and imagined myself holding a conversation with Cassiopeia. It seemed to me that I should be more in harmony with the stars if I published what I thought about Bolshevism than if I did not. So I went on with the work and finished the book on the night before we started for Marseilles.
The bulk of our time in Paris, however, was spent in a more frivolous manner, buying frocks suitable for the Red Sea, and the rest of the trousseau required for unofficial marriage. After a few days in Paris, all the appearance of estrangement which had existed between us ceased, and we became gay and light-hearted. There were, however, moments on the boat when things were difficult. I was sensitive because of the contempt that Dora had poured on my head for not liking Russia. I suggested to her that we had made a mistake in coming away together, and that the best way out would be to jump into the sea. This mood, however, which was largely induced by the heat, soon passed.
The voyage lasted five or six weeks, so that one got to know one's fellow-passengers pretty well. The French people mostly belonged to the official classes. They were much superior to the English, who were rubber planters and business men. There were rows between the English and the French, in which we had to act as mediators. On one cccasion the English asked me to give an address about Soviet Russia. In view of the sort of people that they were, I said only favourable things about the Soviet Government, so there was nearly a riot, and when we reached Shanghai our English fellow-passeagers sent a telegram to the Consulate General in Peking, urging that we should not be allowed to land. We consoled ourselves with the thought of what had befallen the ringleader among our enemies at Saigon. There was at Saigon an elephant whose keeper sold bananas which the visitors gave to the elephant. We each gave him a banana, and he made us a very elegant bow, but our enemy refused, whereupon the elephant squirted dirty water all over his immaculate clothes, which also the keeper had taught him to do. Perhaps our amusement at this incident did not increase his love of us.
(掲載日:2007.11.09 更新日:2011.9.6)