(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB22-230(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.2 (Russia) 目次  Contents (総目次)
(第2巻第2章 ロシア)(承前)

の画像
enlarge(拡大する!)
 私たち(ラッセルとドーラ)は,ある日曜日,フェンチャーチ・ストリート(右欄上の衛星写真出典:Google Satellite Map)で再会したが,始めはお互い敵意を抱いたほとんど他人同様であった。彼女(ドーラの写真の出典:R. Monk's Bertrand Russell, the spirit of solititude, c.1996は,私がボルシェヴィキ(ロシア共産主義者)に反対しているのを,ブルジョア的で,老いぼれた考えであり,感傷的だと考えた。私は,彼女のボルシェビキ崇拝を,当惑と恐怖で眺めた(松下注:日高訳では,「私は,彼女のボルシェヴィキ崇拝を,単に,煩わされたための恐怖からだとみていた。」となっている。/ここは,regard A with B の構文)彼女は,ロシアにおいて,いかなる観点からみても,彼女に対する態度が私より優れていると彼女に思えた人たちと会っていた。私も,戦争中(第一次世界大戦中)よくコレットから慰めを得ていたように,この当時も同様の慰めをずっとコレットから得ていたのである。(訳注:前の方に出てきた'コレットへの架空の手紙'がその証拠と思われる。)全てがこのような状態であったにもかかわらず,私たちは,一年間中国に一緒に滞在するために必要な一切の手続きをとっていた(のに気づいた)。言葉以上の,即ち意識的な思考以上の,何らかのより強い力が,私たちを結びつけていた。そのため,私たちのどちらも,行動において,一瞬たりとも,ためらわなかった。私たちは,文字通り昼夜,動き回らなければならなかった。彼女がロンドンに到着してから二人で中国に向かって出発するまで,たった5日間しかなかった。長旅に出かける時の通常のせわしい活動に加えて,衣服を買ったり,パスポートを入手したり,友人や親戚に別れを告げなければならなかった。そうして私は,中国滞在中に(アリスと)離婚したかったので,幾夜も公娼のところに泊る必要があった(松下注:当時のイギリスでは,いずれかの方に不倫行為がなければ離婚できなかった。)(しかし,依頼した)探偵連中がとても間抜けだったために,何度も繰り返さなければならなかったのである。けれども,ついには全ての準備が整った。ドーラは,いつもの技量を発揮して,両親を説き伏せたので,彼女の両親は,あたかも二人は結婚しているかのごとく,(ロンドンの)ヴィクトリア駅に見送りに来てくれた。彼女の両親は,徹頭徹尾,慣習や伝統を重んずる人たちだったが,それにもかかわらず来てくれたのである(訳注:ラッセルのこの部分の一文は,たとえば自動詞が1つ抜けているようにも思えるが・・・?)汽車がヴイクトリア駅を離れた時,それまでの数ケ月間の悪夢のようないやな事,錯綜した事,面倒だった事が消え去り,まったく新しい人生の第一歩が始まったのである。

★書簡集索引(この後17通の手紙が収録されている。手紙は適宜訳すことにして,次章に進むことにしたい。)
の画像
enlarge(拡大する!)
(Source: ©Google Satellite Map)
We met at Fenchurch Street on a Sunday, and at first we were almost hostile strangers to each other. She regarded my objections to the Bolsheviks as bourgeois and senile and sentimental. I regarded her love of them with bewildered horror. She had met men in Russia whose attitude seemed to her in every way superior to mine. I had been finding the same consolation with Colette as I used to find during the War. In spite of all this, we found ourselves taking all the necessary steps required for going off together for a year in China. Some force stronger than words, or even than our conscious thoughts, kept us together, so that in action neither of us wavered for a moment. We had to work literally night and day. From the time of her arrival to the time of our departure for China was only five days. It was necessary to buy clothes, to get passports in order, to say goodbye to friends and relations, in addition to all the usual bustle of a long journey; and as I wished to be divorced while in China, it was necessary to spend the nights in official adultery. The detectives were so stupid that this had to be done again and again. At last, however, everything was in order. Dora, with her usual skill, had so won over her parents that they came to Victoria to see us off just as we had been married. This in spite of the fact that they were completely and entirely conventional. As the train began to move out of Victoria, the nightmares and complications and troubles of recent months dropped off, and a completely new chapter began.
(掲載日:2007.09.14 更新日:2011.9.3)