(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)21-280

The Autobiography of Bertrand Russell, v.2

前ページ 次ページ  v.2,chap.1 (The First War) 目次  Contents (総目次)

第一章 第一次世界大戦)(承前)

 週1回,訪問客(面会者)を迎えたが,当然のこと,いつも看守が同席していた。しかしそれにもかかわらず,非常に楽しかった。オットリンコレットが交代で面会によくやってきて,(いつも)2人ずつ他の人を連れて来た。私は,(ペーパーナイフで)頁をまだ切っていない本の中に手紙を忍ばせることによって,手紙をこっそり持ち出してもらう方法を発見した。(注:手紙が入れられる幅だけペーパナイフでページの上部の袋綴じ部分をカットしたと想像される。)当然,看守の見ている前でこの方法を説明することはできなかったので,最初,『ロンドン数学会会報』The Proceedings of the London Mathematical Societyをオットリンに渡し,彼女にこの本は思った以上に興味深いと伝える,という方法で実行した。このような創意工夫をする前は,別の工夫,即ち,コレット宛のラブ・レターを,刑務所長によって(チェックのために)読まれる他の手紙の間に入り込ませる工夫をしていた。(そうして)自分は『フランス革命回顧録』を読んでおり,その本のあるページに,ジロンド党(フランス革命当時の穏健な共和党)の党員ビュゾ(Francois Nicolas Leonard Buzot, 1760-1794: ロラン夫人の愛人)からロラン夫人(Jeanne Marie Roland de la Platiere, 1754-1793:フランス革命の指導者)への手紙があるのを発見したと主張した(ふりをした)。私はフランス語で工夫して手紙を書き,それらはある本から転写(転載)したと言った。ビュゾの境遇が,私自身の境遇と非常に似ていたので,これらの手紙に真実味(もっともらしさ)を与えることができた。いずれにせよ,その刑務所長はフランス語を知らなかったと思われるが,彼は知らないということを告白しなかった。
 ブリクストン刑務所はドイツ人でいっぱいであったが,そのうちの一部の人たちは非常に知的であった。私がかつてカントに関する本の書評を発表した時(松下注:ラッセルが獄中にいた1918年7月に発行された Nation 誌にのった Pure reason at Koenigsberg; review of Norman Kemp Smith's A Commentary to Kant's 'Critique of Pure Reason' を指していると思われる。),彼らのうちの数人が私のとこにやって来て,カントについての私の解釈をめぐって熱心に議論した。私がその刑務所にいた時のある期間,リトヴィノフ(Maxim Maksimovich Litvinov,1876〜1951:ソ連の政治家・外交官)もやはり同じ刑務所に入っていた。しかし,いつも遠くから彼を眺めているだけで,彼に話しかける機会は認められなかった。

ラッセルの言葉366
I had visits once a week, always of course in the presence of a warder, but nevertheless very cheering. Ottoline and Colette used to come alternately, bringing two other people with them. I discovered a method of smuggling out letters by enclosing them in the uncut pages of books. I could not, of course, explain the method in the presence of the warder, so I practised it first by giving Ottoline the Proceedings of the London Mathematical Society, and telling her that it was more interesting than it seemed. Before I invented this device, I found another by which I could incorporate love letters to Colette into letters which were read by the Governor of the prison. I professed to be reading French Revolutionary Memoirs, and to have discovered letters from the Girondin Buzot to Madame Roland. I concocted letters in French, saying that I had copied them out of a book. His circumstances were sufficiently similar to my own to make it possible to give verisimilitude to these letters. In any case, I suspect that the Governor did not know French, but would not confess ignorance.
The prison was full of Germans, some of them very intelligent. When I once published a review of a book about Kant, several of them came up to me and argued warmly about my interpretation of that philosopher. During part of my time, Litvinov was in the same prison, but I was not allowed any opportunity of speaking to him, though I used to see him in the distance.
https://www.animationlibrary.com/a-l/
(掲載日:2006.09.18 更新日:2011.7.26)