(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』21-180(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.1 (The First War) 目次  Contents (総目次)
* 右写真(コンスタンス・マレソン夫人)出典: The Life of B. Russell in Pictures and in His Words, comp. by C. Farley and D. Hodgson, 1972.
(第一章 第一次世界大戦)

 私が初めてレディ・コンスタンス・マレソンLady Constance Malleson, 1895-1975)/第5代アネスレイ伯爵の娘。1915年に Miles Malleson と結婚/右写真)-- 彼女は,一般には,舞台名であるコレット・オニール(Colette O'Niel)という名で知られていた。-- に会ったのは,クリフォード・アレンが初めて召喚された時の,(軽犯罪を扱う)警察裁判所の訴訟においてであった。彼女の母のレディ・アネスレイ(Lady Annesley)は,プロシアのヘンリー公Albert Wilhelm Heinrich of Prussia,1862-1929/最後のドイツ皇帝ウィルヘルム二世の弟)と親交があり,それは第一次大戦前に始まり,(戦争の間中断し,)戦後に再開した。これは,彼女に,中立的態度を支持する傾向(性向)を与えたことは疑いもないが,コレットとその姉のレディ・クレアー・アネスレイ(Lady Clare Annesley,1893-1980,コレットの姉/日高氏は「妹」と訳されている。)は二人とも,純粋の平和主義者であったし,徴兵反対同盟の仕事に献身した。コレットは,俳優で劇作家のマイルズ・マレソンMiles Mallesonと結婚していた。マイルズ・マレソンは,1914年に徴兵に応じたが,片方の脚が少し弱いという理由で,幸運にも兵役を免除された。彼は,徴兵リストに載った後,平和主義者の立場が真理であると信じるようになり,このようにして確保した有利な立場を,最大限惜しみなく良心的兵役拒否者たちのために利用した。私は,警察裁判所で,コレットに気づき(注目し),彼女を紹介された。私は,コレットはクリフォード・アレンClifford Allen, 1889-1939)の友達であることを知り,彼女は時間のゆとりがあり,自由主義的な意見を持ち,平和主義に全身全霊を傾けているということをアレンから教えてもらった。彼女は若くてとても美人であることを,自分の目で見て知っていた。彼女は役者(女優)をしており,連続して2回主役を演じ,急速な成功をおさめていた。しかし大戦が始まった時は,徴兵反対同盟の事務所で封筒の宛名書きに日中の全部の時間を費やした。これらの事実から,自然に,私は彼女のことをもっと知るための手段をとった。(注:夫のマレソンは,オープン・マリッジ主義者であり,妻のラッセルとの関係も許容。マレソンも3回結婚している。)
It was at Clifford Allen's police court case when he was first called up that I first met Lady Constance Malleson, generally known by her stage name of Colette O'Neil. Her mother, Lady Annesley, had a friendship with Prince Henry of Prussia which began before the War and was resumed when the War was over. This, no doubt, gave her some bias in favour of a neutral attitude, but Colette and her sister Lady Clare Annesley, were both genuine pacifists, and threw themselves into the work of the No Conscription Fellowship. Colette was married to Miles Malleson, the actor and playwright. He had enlisted in 1914, but had had the good luck to be discharged on account of a slight weakness in one foot. The advantageous position which he thus secured, he used most generously on behalf of the conscientious objectors, having after his enlistment become persuaded of the truth of the pacifist position. I noticed Colette in the police court, and was introduced to her. I found that she was one of Allen's friends and learned from him that she was generous with her time, free in her opinions, and whole-hearted in her pacifism. That she was young and very beautiful, I had seen for myself. She was on the stage, and had had a rapid success with two leading parts in succession, but when the War came she spent the whole of the daytime in addressing envelopes in the office of the No Conscription Fellowship. On those data, I naturally took steps to get to know her better.
(掲載日:2006.05.26 更新日:2011.7.12)