(本館トップページ)  (初心者トップページ)  (分館トップページ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB16-08(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第6章(プリンキピア・マテマティカ)目次  総目次
* 右写真出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, 1981.

 アリスに対する私の感情が変わったのは,一つには,彼女の母親や彼女の兄(ローガン)の中にあった嫌な性格の特徴を,彼女の中にも --より穏やかな現れ方ではあったが-- 私が感じとったこと(=原因)の結果であった。アリスは自分の母親を限りなく賛美しており,母親を'聖人かつ賢人'であると見なしていた。これ(母親を聖人化すること)は,かなり一般的な見方であり,たとえばウィリアム・ジェームズ(William James, 1842-1910)の場合もそうであった。私自身は,それとは反対に,次第に,彼女の母親は,私がそれまで知り合った中で最悪の人間の一人だと考えるようになっていた。彼女の夫の扱い方(接し方)は, --彼女は夫を軽蔑していたが-- これ以上ないというほど屈辱的なものであった。彼女は,夫に対する侮蔑をあらわにすることなく夫に語りかけたりあるいは夫について話したりすることは,決してなかった。彼は'愚かな老人'であることは否定できなかったが,(それだからといって)彼女からそのように屈辱的な扱いを受けなければならないような人間ではなかった。慈悲心のある人間であれば,彼にそのような屈辱を与えることはできなかったであろう。彼には愛人がいたが,彼は愚かにも,彼の愛人のことを妻は知らないと思っていた。彼はその女性からの手紙を,いつも小さく引き裂き,紙屑籠に投げ入れていた。彼の妻は,いつもその手紙の断片を1つに貼り合わせ,アリスとローガンに読んで聞かせ,大笑いした。その老人(=彼女の夫)が亡くなった時,彼女は夫の入れ歯を売り,庭師に5ポンド渡してほしいという夫の死の床での頼みも実行することを彼女は拒んだ。(彼女を除き,私たちは,彼女からは一文ももらうことなく,5ポンドのお金を用意した。) ローガンが母親に対し批判的になったのは,唯一この時だけであった。彼は母親のあまりの冷酷さに涙をながした。しかしすぐに彼は,いつもの崇敬の念に満ちた態度に戻った。彼が生後3ヶ月半の時,彼女(彼の母親)は次のように書いている。
「ローガンと私は,今日初めて正真正銘の戦いをしました。彼はわかっていないと思いますが,彼が勝利しました。私は,本当に肌が紫色になるまで,また,それ以上続けられないほど-- 彼をきつく叩きました。それでも彼は少しも音(ね)を上げませんでした。けれども,それが彼にとって,教訓になればいいと思っています(I hope it was a lesson to him.)。(原注:ローガン・パーサル・スミス著『宗教的反逆者』p.8 参照)」
 それは教訓になった(=It was/日高氏は,この一文を訳されていない)。彼女は,紫色になるまで彼を激しくたたかなければならないというようなことは二度となかった(日高訳では,'鞭で打った'となっているが,相手は3歳半の幼児であるので,実際に鞭を使ったのではなく,鞭でたたくように'きつく叩いた'のだろうと思われる。)彼女は家族に,男は獣(けだもの)で馬鹿だが,女性は'聖人'で'性を憎む'と教えた。そうしてローガンは,予期できたことであろうが,'同性愛者'になった。彼女は,フェミニズムをそれほどまでに押し進めたので,'神に対する尊敬'を維持することは困難だと気づいた。なぜなら,(キリスト教の)'神'(He)は,'男性'であるからである。彼女はパブ(英国の居酒屋)の前を通るたびごとに,いつもこう言っていた--「主よ! あなたのなさることといったら・・・(なぜこんなものをつくったのですか?)。 (彼女の考えによれば)もしも造物主が女性であれば,お酒のようなものは全然存在しなかったであろう。
 私は,アリスが彼女の母を擁護するのは耐えられないと思った。かつて,フライディズ・ヒル(アリスの両親の家)を賃貸に出した時,借家候補者が,排水施設(排水路及び排水装置)が衛生検査官の検査をパスしているかどうか手紙で尋ねて来たことがあった。アリスの母は,お茶の席で,それはまだ検査をパスしていないが,すでにパスしていると言うつもりだと,我々みんなに説明した。私は抗議したが,ローガンとアリスは--まるで私が,先生の邪魔をした腕白坊主であるかのように--「しっ!」と私に言った。私は,時々,彼女の母親のことで,アリスと議論しようとしたが,それは不可能なことだとわかった。ついには,その老婦人(アリスの母親)を恐れる私の恐怖心の幾分かは,アリスに対しても例外ではなく,その母親を賞賛するすべての人間に対しても,伝播していった。
の画像
enlarge(拡大する!)
My change of feeling towards Alys was partly the result of perceiving, though in a milder form, traits in her which I disliked in her mother and brother. Alys had an unbounded admiration of her mother, whom she regarded as both a saint and a sage. This was a fairly common view; it was held, for example, by William James. I, on the contrary, came gradually to think her one of the wickedest people I had ever known. Her treatment of her husband, whom she despised, was humiliating in the highest degree. She never spoke to him or of him except in a tone that made her contempt obvious. It cannot be denied that he was a silly old man, but he did not deserve what she gave him, and no one capable of mercy could have given it. He had a mistress, and fondly supposed that his wife did not know of her. He used to tear up this woman's letters and throw the pieces into the wastepaper basket. His wife would fit the bits together, and read out the letters to Alys and Logan amid fits of laughter. When the old man died, she sold his false teeth and refused to carry out his death-bed request to give a present of £5 to the gardener. (The rest of us made up the sum without any contribution from her.) This was the only time that Logan felt critical of her: he was in tears because of her hardheartedness. But he soon reverted to his usual reverential attitude. In a letter written when he was 3½ months old, she writes:
'Logan and I had our first regular battle today, and he came off conqueror, though I don't think he knew it. I whipped him until he was actually black and blue, and until I really could not whip him any more, and he never gave up one single inch. However, I hope it was a lesson to him.' (From Logan Pearsall Smith's A Religious Rebel, p.8)
It was. She never had to whip him black and blue again. She taught her family that men are brutes and fools, but women are saints and hate sex. So Logan, as might have been expected, became homosexual. She carried feminism to such lengths that she found it hard to keep her respect for the Deity, since He was male. In passing a public house she would remark: 'Thy housekeeping, O Lord.' If the Creator had been female, there would have been no such thing as alcohol.
I found Alys's support of her mother difficult to bear. Once, when Friday's Hill was to be let, the prospective tenants wrote to inquire whether the drains had been passed by a sanitary inspector. She explained to us all at the tea-table that they had not, but she was going to say that they had. I protested, but both Logan and Alys said 'hush' as if I had been a naughty child who had interrupted Teacher. Sometimes I tried to discuss her mother with Alys, but this proved impossible. In the end, some of my horror of the old lady spread to all who admired her, not excluding Alys.
(掲載日:2005.11.28/更新日:2011.4.27)