(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

前ページ 次ページ  第1巻 第5章(初婚)累積版  総目次
* 右上写真出典:R. Clark's B.Russell and His World, 1981./右上2枚目写真(ホワイトヘッド夫人=Evelyn)出典:R. Monk's B. Rusell, the spirit of solitide, 1997.




ラッセル関係電子書籍一覧
 ホワイトヘッドの仕事における集中力はまったく驚くべきものであった。ある暑い夏の日−−私がグランチェスターの彼の家(上記地図及び右欄上の写真参照)に滞在していた時 −−,私たちの(共通の)友人であるクロンプトン・デービスが到着したので,私は招待主のホワイトヘッドに挨拶させるため,彼を庭につれていった。ホワイトヘッドは,庭に坐って数学の書きものをしていた。デービスと私は,彼からほんの1ヤード(約90cm)の距離の,彼の面前に立ち,彼が(本の)各ページを次から次へと記号で埋め尽くして行くのを見守っていた。彼は一度も私たちを見なかった。そうして,しばらくして,私たちは,畏敬の念を抱きつつ彼のもとを去った。ホワイトヘッドをよく知っている者は,もっと表面的なつきあい(more casual contact)の中には現れない,多くの事柄を彼のうちに発見した。社交においては,彼は,親切で,合理主義的で,物に動じない人間であると思われていた。しかし,実際は,時に動揺し,疑いもなく,非人間的な怪物である「合理主義者」ではなかった。妻と子供たちに対する献身的な愛情は非常に深く,そして情熱的であった。彼は常に,宗教の重要性を深く自覚していた。彼は,若い時に,枢機卿のニューマンCardinal Newman, 1801-1890)の影響で,ほぼローマン・カトリックに改宗していた。ホワイトヘッドの晩年の哲学は,彼が宗教から(得たいと)望んでいたところのものの一部を,彼に与えた。極端に規律正しい生活をしている他の人々と同様,彼も,悲惨な独り言を言いがちであり,周囲に誰も人がいないとわかると,自分が自分の欠点だと思うものについてよく自分を責めてぶつぶつと言っていた。結婚してから数年間は,金銭上の心配事で,大変暗い影におおわれていた。しかし,彼は,こうした状態はとても耐え難いほど大変だと思っていたが,重要ではあっても金にはならない自分の研究から脇へそれるようなことは決してなかった。(松下注:ラッセルは,座視できず,ホワイトヘッドには内緒で,ホワイトヘッド夫人 Evelyn(上の写真参照)に,金銭上の援助をかなりしていたようである。)
の画像
拡大する!(enlarge)


His capacity for concentration on work was quite extraordinary. One hot summer's day, when I was staying with him at Grantchester, our friend Crompton Davies arrived and I took him into the garden to say how-do-you-do to his host. Whitehead was sitting writing mathematics. Davies and I stood in front of him at a distance of no more than a yard and watched him covering page after page with symbols. He never saw us, and after a time we went away with a feeling of awe. Those who knew Whitehead well became aware of many things in him which did not appear in more casual contacts. Socially he appeared kindly, rational and imperturbable, but he was not in fact imperturbable, and was certainly not that inhuman monster 'the rational man'. His devotion to his wife and his children was profound and passionate. He was at all time deeply aware of the importance of religion. As a young man, he was all but converted to Roman Catholicism by the influence of Cardinal Newman. His later philosophy gave him some part of what he wanted from religion. Like other men who lead extremely disciplined lives, he was liable to distressing soliloquies, and when he thought he was alone, he would mutter abuse of himself for his supposed shortcomings. The early years of his marriage were much clouded by financial anxieties, but, although he found this very difficult to bear, he never let it turn him aside from work that was important but not lucrative.

(掲載日:2005.09.26 更新日:2011.4.2)