(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



『ラッセル自伝』n.15(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第1章(幼少時代)累積版へ  総目次へ
 食べ物については,私の青年期の最初から最後まで,まさしくスパルタ式に扱われた。実際,今日健康のために適合している(健康に良い)と考えられているよりも必要以上に(←ずっと程度を越えて)スパルタ式であった。当時(ロンドン郊外の)リッチモンドにタレイラン*注1の姪であるデチュゴワヤン(D'Etchegoyen)夫人*注2という年取ったフランス人女性が住んでいたが,彼女はよく私に大きな箱(複数)入りの非常においしいチョコレートをくれた。私はそのうちたった一箱だけ日曜日に食べることを許されたが,日曜も平日も同様,私は,それを大人たちに配ってまわらなければならなかった。
*注1:Talleyrand-Perigord, Charles Maurice de : 1754~1838/日高訳では,「ターレイランド」になっている;世界史上大変有名な人なのに・・・。)
*注2:www.fullbooks.com というサイトの次のURLにラッセルの祖母 Lady John Russell に関する情報が多数載っている。これは祖母に関する著作の全文か? http://www.fullbooks.com/Lady-John-Russell.html ここのpt.6の注の89に次のような記述があり,デチュゴワヤン伯爵夫妻は,祖父母ラッセル伯爵夫妻と親しかったことがわかる。'[注89] The Comte and Comtesse d'Etchegoyen (_nee_ Talleyrand) were intimate friends of Lord and Lady Russell. He was a French Republican, who had been obliged to leave Paris at the _Coup d'Etat_.')
 私は,パンを粉々にして肉汁の中に入れるのがとても好きだったが,それは子供部屋では許されたが,食堂ではそういうことをしてはならなかった。私はディナーの前にしばしば一眠りする習慣があったが,もし私が遅くまで寝ていると,子供部屋で食事をしたが,もしディナーに間に合うように目がさめれば,食堂で食事をした。私は子供部屋で食事をとりたいために,いつも寝たふりをしていた。(しかし)ついに彼らは私が寝たふりをしているのではないかと疑いをもちはじめた。そしてある日,私がベッドに横になっている時,私のあちこちを突っついた(あちこちを突っついて寝ているかどうか確かめた)。私はしっかりと身体を硬直させ,人は眠っている時はどのようにしているものだろうかということを想像した。しかしがっかりしたことには,「彼は眠っていません。なぜなら,自分で身体をこわばらせているからね。」と彼らが話しているのが聞こえた。(しかし)私が何のために寝たふりをしたかということは誰にもわからなかった。
 
* In the matter of food, all through my youth I was treated in a very Spartan manner, much more so, in fact, than is now considered compatible with good health. There was an old French lady living in Richmond, named Madame D'Etchegoyen, a niece of Talleyrand, who used to give me large boxes of the most delicious chocolates. Of these I was allowed only one on Sundays, but Sundays and weekdays alike I had to hand them round to the grown-ups.
I was very fond of crumbling my bread into my gravy, which I was allowed to do in the nursery, but not in the dining-room. I used often to have a sleep before my dinner, and if I slept late I had dinner in the nursery, but if I woke up in time I had it in the dining-room. I used to pretend to sleep late in order to have dinner in the nursery. At last they suspected that I was pretending, and one day, as I was lying in my bed, they poked me about. I made myself quite stiff, imagining that was how people would be if they were asleep, but to my dismay I heard them saying: 'He is not asleep, because he is making himself stiff.' No one ever discovered why I had pretended to be asleep.