(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル「我々の時代のための哲学」 (松下彰良・訳)

Bertrand Russell : Philosophy for Our Time (1953)

前ページ(Forward) 次ページ(Forward)

「ここ」と「今」


 哲学が行うべき第一は,知的想像力を拡大することである。動物は,人間を含め、(この)世界をここと今から成っている(ひとつの)中心から眺める。我々の諸感覚は、夜に灯すローソクのように、対象が(中心から)より遠くなるに従って次第に弱くなってゆく光を広げていく。しかし我々は、動物としての生活において、あらゆるものを一つの観点から眺めるように強いられているという事実から,決して逃れることはできない。
 科学は、この地理的、年代記的な牢獄から逃れようと試みる。物理学では、時空の座標の原点(をどこに置くか)は全く任意であり、物理学者は、彼の観点(立脚地)とは何の関係もなく、シリウス(星)や銀河系の外にある星雲の住民にとっても、同様に真であることを言おうとする。
 ここにもまた、(束縛からの)解放の各段階が存在している。歴史学と地質学は,我々を「今」から連れ去り、天文学は我々を「ここ」から連れ去る。これらの研究に心をうばわれている人々は、自我は時空の流れの極めて特定の部分(のみ)を占めているという事実について、偶然かつとても些細なものが存在しているという感情を持つ(得る)。彼の知性は、しだいにより大きくこれらの物的な必要物から引き離されるようになる。知性は,このようにして、その人の思考が動物的欲求によって縛られている者には不可能な一般性や展望や力を獲得する。
 ある点までこのことはあらゆる文明国において認識(理解)されている。学者は自分用の食物を栽培することは期待されておらず、単なる生存し続けるという問題について時間や心配を無駄に費やすようなことはかなりな程度まで解放されている。もちろん,非個人的な物の見方が多少なりとも可能なのは、このような社会機構を通じてのみである。我々は皆,生存するために必要な限りにおいて、動物的欲求に夢中になるが、ある種の能力をもった人々は、彼自身の必要性に束縛されない思考法や感じ方を自由に発展させることは有益であることが発見されてきた。このことはある程度、いかなる分野の知識の獲得によってもなされるが、哲学に特徴的な一種の調査によってもっとも完全になされている。

The Here and the Now

The first thing that philosophy does, or should do, is to enlarge intellectual imagination. Animals, including human beings, view the world from a center consisting of the here and the now. Our senses, like a candle in the night, spread a gradually diminishing illumination upon objects as they become more distant. But we never get away from the fact that in our animal life we are compelled to view everything from just one standpoint.
Science attempts to escape from this geographical and chronological prison. In physics the origin of co-ordinates (coordinates) in space-time is wholly arbitrary, and the physicist aims at saying things which have nothing to do with his point of view but would be equally true for an inhabitant of Sirius or of an extra-galactic nebula.
Here again there are stages in emancipation. History and geology take us away from the now, astronomy takes us away from the here. The man whose mind has been filled with these studies gets a feeling that there is something accidental, and almost trivial, about the fact that his ego occupies a very particular portion of the space-time stream. His intellect becomes gradually more and more detached from these physical needs. It acquires in this way a generality and scope and power which is impossible to one whose thoughts are bounded by his animal wants.
Up to a point this is recognized in all civilized countries. A learned man is not expected to grow his own food and is relieved to a considerable extent of the useless expenditure of time and worry on the mere problem of keeping alive. It is, of course, only through this social mechanism that an impersonal outlook is in any degree possible. We all become absorbed in our animal wants in so far as is necessary for survival, but it has been found useful that men with certain kinds of capacity should be free to develop a way of thinking and feeling which is not bounded by their own need. This is done to some extent by the acquisition of any branch of knowledge, but it is done most completely by the sort of general survey that is characteristic of philosophy.
(掲載日:2015.3.22/更新日:)