(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル「善人が為す害悪」n.4 (松下彰良・訳)

Bertrand Russell: The Harm That Good Men Do,1926

前ページ(Back) 次ページ(Forward)

U

 この(上記)の意味での 「善い」人が,平均して,「悪い」人よりも,少しでも多くの善い行いをするかどうかは疑わしい(善い行いをしないのではないかと思われる)。私が「悪い」人という言葉で意味しているは,我々が上記で(「善い」人の特徴として)述べてきたものの反対である。「悪い」人とは,時々,煙草を吸ったりを呑んだりし、人に足のつま先を踏まれたときに(こんちくしょうなどといった)汚い言葉を吐くこともあると知られている人のことである。彼(「悪い」人)の会話は,必ずしもいつも印刷できる(文字にできる)ようなものではなく,時々、天気の良い日曜には教会に行かずに戸外ですごすこともある。彼の意見のなかには破壊的なものもある(かも知れない)。たとえば,彼は,あなたが平和を望むならば戦争に備えるのでなく平和に備えるべきだ,と考えるかも知れない。非行(犯罪)行に対して,彼は,たとえば自家用車が間違った行動(注:ブレーキをかけたも止まらないなど)をしたときにとるような,科学的な態度をとる。彼は,いくら説教したり刑務所へぶちこんでも,タイヤのこわれは直せないように,(説教や刑務所では)悪徳を直すことはできないだろう,と論ずる。誤った思考の問題については,彼はさらにより強情をはる。彼は,「誤った思考」といわれるものは,単なる「思考」にすぎず,また、「正しい思考」というのは,鸚鵡(おうむ)のように言葉をくりかえすことだ,と主張する。(注:ラッセルは論理学者らしく、A = A は常に正しいが、それは同じことを繰り返しているだけだということを鸚鵡をたとえとして冗談ぽく言っている。逆に言えば、A = A でないことを言うことが思考である、ということになる。)。このことは、彼に,種々の(世間とって)望ましくない変人たちに対する同情心を与える。勤務時間以外の彼の活動は,単なる楽しみだけにあるかも知れないし、あるいは、より悪いことに,権力者たちの慰みをさまたげないところの防ぐことのできる悪徳に対する不満をかきたてることにあるかも知れない。そして,「(男女間の)品行」に関しては,彼は,有徳の士のように注意深く自分の一時的な誤り(情事など)を隠したりせずに、よい手本を示すふりをするよりも正直であるほうがよいという,つむじ曲りの主張によって自己を防衛する,ことさえありうるのである。これらの点のどれか一つまたはいくつかの点で欠けるところのある人は,平均的な尊敬すべき市民からはよく思われないであろうし,また、たとえば裁判官とか治安判事とか学校の先生の地位のような,権威を授けるいかなる地位につくことも許されないであろう。そのような地位は「善い」人にのみ開かれているのである。

  II

It may be doubted whether a 'good' man, in the above sense, does, on the average, any more good than a 'bad' man. I mean by a 'bad' man the contrary of what we have been describing. A 'bad' man is one who is known to smoke and to drink occasionally, and even to say a bad word when someone treads on his toe. His conversation is not always such as could be printed, and he sometimes spends fine Sundays out-of-doors instead of at church. Some of his opinions are subversive; for instance, he may think that if you desire peace you should prepare for peace, not for war. Towards wrongdoing he takes a scientific attitude, such as he would take towards his motorcar if it misbehaved ; he argues that sermons and prison will no more cure vice than mend a broken tyre. In the matter of wrong thinking he is even more perverse. He maintains that what is called 'wrong thinking' is simply thinking, and what is called 'right thinking' is repeating words like a parrot; this gives him a sympathy with all sorts of undesirable cranks. His activities outside his working hours may consist merely in enjoyment, or, worse still, in stirring up discontent with preventable evils which do not interfere with the comfort of the men in power. And it is even possible that in the matter of 'morals' he may not conceal his lapses as carefully as a truly virtuous man would do, defending himself by the perverse contention that it is better to be honest than to pretend to set a good example. A man who fails in any or several of these respects will be thought ill of by the average respectable citizen, and will not be allowed to hold any position conferring authority, such as that of a judge, a magistrate, or a schoolmaster. Such positions are open only to 'good' men.
(掲載日:2015.11.26/更新日:)