(トップへ)  (本館へ)

バートランド・ラッセルのポータルサイト

研究書(日本語のもの)
*邦訳書は,原著の出版年ではなく,邦訳書の出版年で配列。

  1. D.クラーク(著)『再び宗教は必要か』(1959.10)
  2. 碧海純一(著)『ラッセル』(1961)
  3. A.ウッド(著),碧海純一(訳)『B.ラッセル−情熱の懐疑家』(1963.2)
  4. 柴谷久雄(著)『ラッセルにおける平和と教育』(1963.6)
  5. 金子光男(著)『ラッセル』(1968.4)
  6. 岩松繁俊(著)『20世紀の良心−B.ラッセルの思想と行動』(1968.7)

(ラッセル没後〜1999年まで)
  1. 日高一輝(著)『人間バートランド・ラッセル』(1970.5)
  2. 岩松繁俊(著)『平和への告発−バートランド・ラッセルとナガサキ』(1971.7)
  3. J.ルイス(著)『バートランド・ラッセル−哲学者とヒューマニスト』(1971.9)
  4. 金子光男(著)『ラッセル倫理思想研究』(1974.6)
  5. 日高一輝(著)『ラッセル−恋愛と結婚』(1974.6)
  6. 野村博(著)『ラッセルの社会思想』(1974.9)
  7. 牧野力(著)『ラッセル思想と現代』(1975.2)
  8. N.チョムスキー(著)『知識と自由-ラッセル記念講演』(1975.5)
  9. ケン・コーツ(編),日本ラッセル協会(訳)『社会主義ヒューマニズム−ラッセル生誕百年祭記念論文集』(1975.8)
  10. キャサリン・テート(著)『最愛の人,わが父ラッセル』(1976.12)
  11. A.J.エイヤー(著)『ラッセル』(1980.1)
  12. 市井三郎(著)『ラッセル(人類の知的遺産n.66)』(1980.2)
  13. L. グリーンスパン(著)『科学と自由−ラッセルの予言』(1982.6)
  14. 高田熱美(著)『ラッセル教育思想研究』(1983.4)
  15. 牧野力(編)『ラッセル思想辞典』(1985.4)
  16. 宮本盛太郎(著)『来日したイギリス人−ウェッブ夫妻,L.ディキンスン,B.ラッセル』(1989.03)
  17. H.ゴットシャルク(著),鈴木祥蔵(訳)『バートランド・ラッセル小伝−自由なる世界人の教育』(1989.04)
(ラッセル没後:2000年以降)  

  1. 三浦俊彦(著)『ラッセルのパラドクス』(2005.10)
  2. 小森健太朗(著)『探偵小説の論理学−ラッセル論理学とクイーン,笠井潔,西尾維新の探偵小説』(南雲堂,2007年9月)
  3. 日本科学哲学会(編),野本和幸(責任編集)『分析哲学の誕生―フレーゲ・ラッセル (科学哲学の展開 1) 』(勁草書房,2008年2月)

 
 作業中