三浦俊彦のページ


『ラッセルのパラドクス−−世界を読み換える哲学
(岩波新書、2005年10月20日刊)


表紙画像  Q&A  『図書』掲載エッセイ
 「討論:B.ラッセルをめぐる諸疑問、とくに様相の形而上学について

目  次
 はじめに

 ■第一部 〈反-常識〉の形而上学

第1章 ラッセル哲学の輪郭      逆説、分析、統一
第2章 「世界は一つ」ではない?   一元論から多元論へ

 ■第二部 世界を解き放つ

第3章 数学を矛盾から救うには?   悪循環原理
第4章 多重世界こそ現実だった?   タイプ理論
第5章 階層の中にまた別の階層が?  還元公理

 ■第三部 世界を読み換える

第6章 日常言語は信頼できるのか?  記述理論
第7章 知が世界につながるためには? 論理的固有名と私的言語

 ■第四部 世界を組み直す

第8章 分析には終わりがある?   論理的原子論
第9章 心と脳は同じものなのか?  中性一元論
       (前途展望 ラッセル哲学の多重世界)

 文献案内

(あとがき)