(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ humbug (古風な言い方) [(n) ぺてん,ごまかし;大嘘;ペテン師;ほら吹き || (v) (人を)だます,いかさまする || (間投詞)ばかな! くだらない!]
The professions in which a man is allowed to behave in a natural manner are, of course, on the whole less lucrative than those in which a high standard of humbug is required.
[自分の思うままに自然に振る舞える職業は,概して,かなりの誤魔化し(大嘘)を必要とする職業に比べて,金銭的利益が少なくなるのは当然のことである。
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ集』の中の「教化・善導について」]

We live in a world of humbug, and the child brought up without humbug is bound to despise much that is commonly thought to deserve respect.
[我々は,誤魔化しに満ちた世界に住んでいる。誤魔化すことなく育てられた子供は,通常尊敬に値すると考えられている多くの事柄をきっと軽蔑する(軽蔑するように運命づけられている)。
 出典:ラッセル『教育論』第2巻第8章「正直(誠実)であること」]

If you tell children that they ought to be affectionate, you run the risk of producing cant and humbug.
[もしあなたが子供たちに向かって,愛情深くなくてはいけないと言えば,あなたは空念仏と誤魔化し(大嘘)を生み出す危険を冒すことになる。
 出典:ラッセル『教育論』第二部 性格の教育_第11章「愛情と同情」]

Shaw's attack on Victorian humbug and hypocrisy was as beneficent as it was delightful, and for this the English undoubtedly owe him a debt of gratitude. It was a part of Victorian humbug to endeavor to conceal vanity.
[ヴィクトリア朝的な虚偽と偽善に対するショーの攻撃は愉快であると同時に慈愛深いものであり,これに対して,疑いもなく,英国人は彼に感謝の念をいだかなければならない。虚栄心を隠そうとする努力はヴィクトリア朝的虚偽の一部である。
 出典:ラッセルバーナード・ショー」]

They (Children) have a dislike of humbug, which usually disappears in later life. .
[子供は'誤魔化し'を嫌うが,通常,そのような気持ちは年をとれば消滅する。
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ集』の中の「子供を(厳しい)現実から保護すること」]

This newspaper is always talking about the decline of moral standards, but that's sheer humbug because it's full of porno graphic pictures.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]