Portal Site for Russellian in Japan


子供を(厳しい)現実から保護すること
(松下彰良・訳)

(1932年10月5日執筆)
On Protecting Children from Reality
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]
* 改訳及びHTML修正をしました。(2010.11.28)
 子供にはありのままの事実をしらせない方が「子供のためだ」ということで,子供を過保護にすると多くの弊害が生じます。日本の歴史教育は良い(というか)「悪い」例です。「社会が不快な事実を知らぬままですまそうとする結果はやがて社会全体の災厄を招く破目になろう」というラッセルの警告は,拝聴すべきものだと思われます。(2002.07.04)

 両親,立法者及び多くの保育園の先生たちが抱く最も堅い信念の一つに,子供はみなあらゆるありのままの現実との接触から遠ざけ,彼らにはあらゆるものを小ぎれいで空想的な形で与えなければならない,というものがある。私が知っている'幼い子供に音楽を教えている婦人たち'は,音符をその本来の呼び方をせずに,たとえば四分音符を「タ(ta)」,八分音符を「テ(teh)」,十六分音符を「タテ(ta-teh(」と呼んでいる。彼女たちは,こういった言い方の方が子供たちにとってより魅力的だ(興味を引く)と考えているが,私の見るところ,この信念にはまったく根拠がない。今日の児童読物もこれと同様の欠陥を持っている。つまりそれらの読物は,空想の世界を空想として提示するのではなく,現実であるふりをしている全てのことがらに対して,一種の愚かしい雰囲気を与えている。もっと重大な事柄においても,同様の誤謬がある。たとえば,歴史上の人物は,世間周知の悪者でないかぎり,全面的に有徳な人物として描かれる。偉人も弱点があり,'立派な大義も必ず悪い側面があるという事実を幼い子供が知ることは良いことだとは思われていない。幼少児のための性教育の必要性がしばしば説かれるが,性の情緒的及び社会的側面について,卒直かつ真摯に語ることの必要性を説く人はほとんどいない。子供たちは花の営みや蜜蜂の生態及び人間の男女が(伝統的な慣習にしたがって)(注:実際にやっていることではなく)なすべきことについて教えられる。しかし花や蜜蜂が実際に教えられている通りにするのに反して,人間の男女は一般的に言って行なうべきことをやっていないという事実は,彼らにまったく教えられない。ヴィクトリア風な気取りへの反動にもかかわらず,この種の嘘をつくことの有害性を理解している人はほとんどいない。
 子供たちに関する私自身の経験は,私をこれとまったく別の見解に導いた。子供は空想が純粋(な空想)でありさえすれば,つまりそれが現実の姿である振りをしないかぎりその空想を愉しむ。しかし,子供たちは空想と事実とをはっきり区別している。したがって美しい童話を,それが事実であるかのように子供に提示する者は,子供たちがそのゴマカシを見破るやいなや,彼らの憤激を買う。彼らの個人的環境が幸福であるかぎり,彼らは,世間一般に関する不快な事実(真実)によってただちに動揺することはない。子供は'ごまかし'を嫌うが,通常,そのような気持ちは年をとれば消滅する。(従って)子供に不快な真実を知らせない慣行は,決して大人たちが考えるように子供たちのために採用されたのでない。それは大人にとって卒直さが苦痛であるがゆえに採用されるのである。
 現代教育の最悪の欠陥の一つは,(現代教育の)現実への無関心である。私は,'現実'という言葉で,深遠なものも,形而上学的(哲学的)なものも意味しようとしているのではない,'ありのままの事実'のことを言っているにすぎない。世界のあらゆる不愉快な側面から恐怖のあまり'目をそむける'習慣は危険であり,ある種の浅薄な弱さの現れにほかならない。われわれはこの点に関して祖父母よりも賢明になっていると考えがちだが,それは思い上りである。われわれは性的な話題に関しては,口の重たさが少し改善されたが,政治についてはずっと無口である。5,60年前の政治家連中は,多くの点で忌わしい存在であった。しかし,彼らはけっして今日の彼らの後輩の大部分の者のような'詐欺師'ではなかった。子供を世界についての真実に近づけまいと懸命に苦労している教育者たちは,多分,子供たちが職業(キャリア)として政治家を希望することを望み,自分に不都合な事実(真実)を知らないですむ方法を教え込もうとしているのだろう。もしそうであるのならば,彼ら教育者は,生徒の個人的成功の観点からみるかぎり,正しい教育をしていることになろう。(松下注:もちろんこれは皮肉)しかし,現実から逃避する政治家は,これとまったく同じ特性を備えたデモクラシーの産物であり,社会が不快な事実(真実)を知らないままですませば,(いずれ))社会全体の災厄を招くことになるだろう

One of the firmest beliefs of parents, law-givers, and teachers in many nursery schools is that children should be preserved from all contact with crude fact and should have everything presented to them in a pretty-pretty, fanciful form. I know women who teach music to young children and instead of giving the notes their proper names, they call a crotchet 'ta', a quaver 'teh', and a semi-quaver 'ta-teh'. They have a notion that these names are more attractive to the young, though, so far as I have observed, this belief is wholly unfounded. Modern children's stories suffer from an analogous defect : they do not present a realm of fancy as such but give an air of silliness to what they pretend is real. In graver matters, there is the same error: historical characters are portrayed as wholly virtuous unless they are recognised villains. It is not thought good for the young to know that great men have their weaknesses or that great causes have always had their bad sides. Sex instruction for the young is frequently advocated, but hardly any one advocates straightforward truthfulness about the emotional and social aspects of sex. Children are taught what the flowers do and what the bees do and what men and women (according to the conventional code) ought to do. They are given no hint that, while the flowers and bees really do what they are supposed to do, men and women as a rule do not.In spite of the reaction against Victorian prudery, hardly any one sees any harm in this form of lying.
My own experience of children has led me to a quite different view. Children enjoy fancy when it is pure, that is to say, when it makes no pretence to be reality, but they distinguish sharply between fancy and fact. The person who offers them pretty fairy tales as if they were fact rouses their indignation as soon as they find out the trick that has been played on them. So long as their personal circumstances are happy, they are not readily upset by disagreeable truths concerning the world in general. They have a dislike of humbug, which usually disappears in later life. The habit of screening them from the knowledge of disagreeable truths is not adopted for their sakes although adults may think it is; it is adopted because adults themselves find candour painful.
One of the worst defects of modern education is its indifference to reality. I do not mean by 'reality' anything profound or meta-physical ; I mean merely plain matters of fact. The habit of shying away in terror from every unpleasant feature of the world is a dangerous one and is the mark of a certain frivolous weakness. We are apt to imagine that, in this respect, we are better than our grandparents, but in this, I think, we flatter ourselves. We are slightly less reticent in sexual matters but far more reticent in politics. The statesmen of fifty or sixty years ago were in many ways abominable, but they were not quite such humbugs as are a large proportion of their modern successors. Perhaps those educators who take such pains to prevent children from hearing the truth about anything are hoping that they will adopt politics as a career and are trying to teach them how not to know what is inconvenient. If so, they may be justified from the standpoint of the personal success of their pupils. But the politician who shuns reality is produced by a democracy which has the same characteristic, and the community as a whole risks disaster when it refuses to know unpleasant facts.
★2002年6月の言葉★格言集へ