(本館)  (トップ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 1(第1章) Index  Contents(目次)
* 右下写真出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, 1981.

第一部 教育の理想
 第1章 近代教育理論の前提条件(承前:OE01-140)


 以上のような考察は、我々を精神分析の領域へ導く。'精神分析'は、細部においては空想的であると私には思われ、また十分な証拠によって裏づけされていないところが多い。しかし、全般的な方法は非常に重要であり、道徳的訓練の正しい方法を創造するためには不可欠である、と思われる。精神分析家(学者)の多くは、幼児期初期を重視しているが、私には、それは誇張気味であると思われる。彼らは、時々、(人間の)'性格'は子供が3歳になるまでに固定されて取り返しがつかなくなる(変更できなくなる)かのように言う。私は、それは事実ではないと、確信している。しかし、これは、回復可能な(正しい方向に導く)誤りである。従来、幼児心理学は無視されていた。事実、主知主義者の唱える方法が流行っていたため、'幼児心理学'は出る幕がなかった。たとえば、'睡眠'の問題をとりあげてみよう。母親たちは皆、子供が眠ることを望んでいる。眠るのは健康に良いし、(他の家事ができ)都合が良いからである。母親たちは、ある種の技術を発達させてきた。たとえば、'ゆりかご'をゆするとか、'子守歌'を歌うとかである。この技術が理想的には(理想としては)まちがっていることを発見する仕事は、この問題を科学的に研究した男性たちに残された(ゆだねられた)。なぜまちがっているかと言えば、この方法はある特定の日にうまくいくかもしれないが、悪い習慣を形成してしまうからである。子供は皆、'ちやほや'してもらうのが好きである。なぜならば、それは、(自分は両親にとって重要であるという)'自尊心'(うぬぼれ)を満足させるからである。子供は、眠らなければ注目してもらえる(世話をしてもらえる)ことを発見すると、すぐにこの方法を採用するようになるであろう。その結果は、健康の上にも、性格の上にも、等しく有害である。ここで肝心なことは、習慣の形成(という側面)である。即ち、小児用ベッドを見れば、睡眠を連想するように(子供を)習慣づけることである。この連想する習慣が十分に形成されているならば--子供は病気かどこか痛いところがないかぎり--目をさましたまま横になっているようなことをしなくなる。しかし、この連想を産み出すには、ある程度の'しつけ'が必要である。ただ'甘やかす'だけでは達成できない。なぜなら、甘やかせば、目をさましたまま横になっていることに'心地よい'という連想を生じさせるからである。同様な考察は、他のよい習慣や悪い習慣の形成にもあてはまる。この分野の研究全体は、まだ始まったばかりであるが、その重要性は既に非常に大きく、ますます重要になっていくことはほぼまちがいない。'性格の教育'は、誕生とともに始まらなければならず、また、乳母や無知な母親たちのやっていることの多くは、'逆のやり方'をする必要があることは、明らかである。また、'明確な知育'も、従来考えられていたよりも早くから始めることができることも、明らかである。なぜなら、'知育'は楽しいものすることができ、また、幼児の'注意力'に一切緊張を与えないことも可能だからである。以上二つの点で、教育理論は、近年根本的に変化し、有益な結果をもたらしており、それは、年々しだいに明らかになる傾向にある。そこで、以下の諸章で--青少年にに授けられるべき知育を論じる前に--、まず、幼年期における'性格の訓練'についてかなり詳細に考察することにしたい。

 

 

https://www.animationlibrary.com/a-l/

Chap. 1 Postulates of Modern Educational Theory(OE01-140)

These considerations bring us to the province of psycho-analysis. There is much in the detail of psycho-analysis which I find fantastic, and not supported by adequate evidence. But the general method appears to me very important, and essential to the creation of right methods of moral training. The importance which many psycho-analysts attach to early infancy appears to me exaggerated; they sometimes talk as if character were irrevocably fixed by the time a child is three years old. This, I am sure, is not the case. But the fault is a fault on the right side. Infant psychology was neglected in the past; indeed, the intellectualist methods in vogue made it almost impossible. Take such a matter as sleep. All mothers wish their children to sleep, because it is both healthy and convenient when they do. They had developed a certain technique: rocking the cradle and singing lullabies. It was left for males, who investigated the matter scientifically, to discover that this technique is ideally wrong, for though it is likely to succeed on any given day, it creates bad habits. Every child loves to be made a fuss of, because its sense of self-importance is gratified. If it finds that by not sleeping it secures attention, it will soon learn to adopt this method. The result is equally damaging to health and character. The great thing here is the formation of habit: the association of the cot with sleep. If this association has been adequately produced the child will not lie awake unless it is ill or in pain. But the production of the association requires a certain amount of discipline; it is not to be achieved by mere indulgence, since that causes pleasurable associations with lying awake. Similar considerations apply to the formation of other good and bad habits. This whole study is still in its infancy, but its importance is already very great, and almost sure to become greater. It is clear that education of character must begin at birth, and requires a reversal of much of the practice of nurses and ignorant mothers. It is also clear that definite instruction can begin earlier than was formerly thought, because it can be made pleasant and no strain upon the infant's powers of attention. In both these respects educational theory has been radically transformed in recent years, with beneficent effects which are likely to become more and more evident as the years go by. Accordingly I shall begin, in what follows, with a fairly detailed consideration of the training of character in infancy, before discussing the instruction to be given in later years.

(掲載日:2006.10.22 更新日:)