(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB23-090(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.3 (China) 目次  Contents (総目次)
(第2巻第3章 中国)(承前)

の画像  冬の北京の気候はとても寒い(注:冬は日中でも−10℃)。北風がほとんど絶え間なく吹き,モンゴルの山々から寒気(冷気)がもたらされる。私は気管支炎(bronchitis)になった。しかし,私はまったく注意を払わなかった。それも少し快方に向かったと思われた。ある日,中国人の友人たちから誘われ,北京から車で約2時間かかる場所で温泉があるところに出かけた。そこのホテルではとても美味しいお茶を出してくれた。その時誰かが,せっかくの夕食がおいしく食べられないので,お茶を飲みすぎるのは賢明ではない,と注意してくれた。私は,賢明か賢明でないかは最後の審判の日に裁かれる(裁かれるまでわからない)と言って,そのような分別くさい言葉に異議を申し立てた。私の言ったことは正しかった。なぜなら(「最後の審判」が下り),私が次にまともな食事をとったのは,それから3ヶ月後となってしまったからである。お茶を飲んだ後,突然震えが来た。一時間ほど全身の震えが続いた後,ただちに北京にひきかえした方が良いという結論をだした。北京への帰路,私たちの自動車のタイヤがパンクし,そうしてパンクの修理が終わる頃に(今度は)エンジンが冷たくなった。その頃までには,もう私は譫妄状態(せんもうじょうたい:一時的な精神錯乱:うわごとをいう状態)になっていた。しかし,使用人の中国人たちとドーラは,車を丘の頂上まで押していった。そうして,車を下降させると,途中でエンジンがかかり始めた。時間が遅くなったため,私たちが北京に戻った時には,北京の城門のいづれも閉じられており,電話をかけてそれらの門を開けてもらうのに一時間を要した。私たちがようやく家に着く頃には,私は正に重病になっていた。私に何が起こっているのか認識できる時がくるまで,私はずっと譫妄状態だった。私はドイツ人経営の病院に運ばれ,その病院では,昼間はドーラが私を看病し,夜は北京にたった一人しかいなかった専門の英国人看護婦が私を看護した。2週間の間,医師団は毎晩,朝までには私は死ぬだろう,と考えた。私は,この時のことは,2,3の夢を除いて何一つ記憶していない。譫妄状態を脱した時,私は,自分がどこにいるのかわからなかったし,その看護婦のことも誰なのか認識できなかった。ドーラは,私がずっと危篤状態で死にそうな状態であった,と語った。それに対し,私は「それは大変面白い!」と応えた。しかし私は非常に衰弱していたので5分後にはそれも忘れてしまい,彼女はまたも同じやりとりを繰り返さなければならなかった。私は自分の名前すら思い出せないほどだった。そのような譫妄状態が終わってからも,一ヶ月間は,いつ死ぬかもしれない状態だと言われ続けたが,私は彼らの言うことは一言も信じなかった。
 私のために見付けてくれた看護婦は,専門職としてかなり抜きん出ており,第一次世界大戦中はセルビアの病院で看護婦長を務めていた。その病院は全てドイツ人に占領され,看護婦たちはブルガリアに移された。彼女は,ブルガリア王妃とどんなに親しい間柄になったかということを,まったく疲れをみせずに,私に語った。彼女は深い宗教心を持った女性であった。そうして,彼女は,私が快方に向かった時,私を死なせることが彼女の責務ではないのかどうか真剣に考えた,と私に話してくれた。彼女の職業的訓練が,彼女の道徳感よりもずっと強力であったことは,私にとって幸運だった。
(松下注:キリスト教徒としては,反キリスト教徒で無神論者のラッセルを助けずに死なせるべきだが,専門職としての看護婦としてはラッセルを助けるべきであったので,どちらを優先すべきか迷ったという意味)

v.2,chap.3: China

The climate of Peking in winter is very cold. The wind blows almost always from the north, bringing an icy breath from the Mongolian mountains. I got bronchitis, but paid no attention to it. It seemed to get better, and one day, at the invitation of some Chinese friends, we went to a place about two hours by motorcar from Peking, where there were hot springs. The hotel provided a very good tea, and someone suggested that it was unwise to eat too much tea as it would spoil one's dinner. I objected to such prudence on the ground that the Day of Judgement might intervene. I was right, as it was three months before I ate another square meal. After tea, I suddenly began to shiver, and after I had been shivering for an hour or so, we decided that we had better get back to Peking at once. On the way home, our car had a puncture, and by the time the puncture was mended, the engine was cold. By this time, I was nearly delirious, but the Chinese servants and Dora pushed the car to the top of a hill, and on the descent the engine gradually began to work. Owing to the delay, the gates of Peking were shut when we reached them, and it took an hour of telephoning to get them open. By the time we finally got home, I was very ill indeed. Before I had time to realise what was happening, I was delirious. I was moved into a German hospital, where Dora nursed me by day, and the only English professional nurse in Peking nursed me by night. For a fortnight the doctors thought every evening that I should be dead before morning. I remember nothing of this time except a few dreams. When I came out of delirium, I did not know where I was, and did not recognise the nurse. Dora told me that I had been very ill and nearly died, to which I replied: 'How interesting', but I was so weak that I forgot it in five minutes, and she had to tell me again. I could not even remember my own name. But although for about a month after my delirium had ceased they kept telling me I might die at any moment , I never believed a word of it. The nurse whom they had found was rather distinguished in her profession, and had been the Sister in charge of a hospital in Serbia during the War. The whole hospital had been captured by the Germans, and the nurses removed to Bulgaria. She was never tired of telling me how intimate she had become with the Queen of Bulgaria. She was a deeply religious woman, and told me when I began to get better that she had seriously considered whether it was not her duty to let me die. Fortunately, professional training was too strong for her moral sense.
(掲載日:2009.02.16 /更新日:2011.9.21掲載)