(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB22-130(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.2 (Russia) 目次  Contents (総目次)
* 右欄上イラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.
* ロシア革命とは(学研学習事典データベースより)


(第2巻第2章 ロシア)(承前)
 私にとって,ロシア滞在期間中は,絶え間なく増大し続ける悪夢の時であった。私は,熟考の末,真実であると思われることを全て印刷物(本や雑誌論文・新聞記事等)のなかで述べた(注:特に『ロシア共産主義』/日高氏は,'on reflection' を「回顧してみて」と訳されている。)。しかし,ロシア滞在中私を圧倒したとてつもない恐怖感については述べなかった。残虐,貧困,嫌疑,迫害(といったもの)が,まさしく我々が呼吸する空気を形作っていた(空気と成っていた)。我々の会話は,絶えず,監視されていた。真夜中によく銃声が聞こえ,理想主義者たちが獄中で銃殺されたことを知った。偽善的な見せかけだけの平等があり,すべての人間が,同志(ロシ共産党用語:tovarisch)と呼ばれていたが,驚くべきことに,この言葉も,声をかける相手がレーニンであるか,怠惰な使役人であるかによって,その発音の仕方は非常に異なっていた。ある時,ペトログラード −−当時そう呼ばれていた(注:現在のサンクトペテルブルク。ソ連時代は「レニングラード」と呼ばれていた。)−− において,4人のみすぼらしい人たちが,私に会いにやってきた。彼らは,ぼろぼろの服を着,無精ひげ(a fortnight's beard),不潔な爪,ぼさぼさの髪をしていた。彼らは,ロシアで最も著名な4人の詩人であった。彼らのうちの一人は,韻律法の講義で生計をたてることを政府から許可されていた。しかし彼は,政府の役人たちがこの科目の授業をマルクス主義の観点から教えるよう強要している(無理強いしている)ことについて,また,韻律法とマルクスがどのように関係するのかどうしても理解できないことについて,不満を漏らした。
 この人たちと同様にみすぼらしかったのは,ペトログラード数学会の人々であった。私はこの学会の会合に出席したが,その席である男が非ユークリッド幾何学に関する論文を(原稿を読みながら)発表した。私は,彼が黒板に書いた公式以外,何一つ(ロシア語の発表を)理解出来なかった。しかし,それらの公式は全く正しいといってよいものであったので,その論文は優れたものであったと想定してよいだろう。私は,ペトログラードの数学者たちほどたいそう惨めに見える人々を,いまだかつて英国の浮浪者においても見たことがない。私は,クロポトキン(ピョートル・アレクセイヴィチ・クロポトキン, 1842-1921.02.08:ロシアの思想家,貴族。無政府主義者)に会うことを許可されなかったが,彼はその後まもなくして亡くなった。ロシアの支配階級の人たちは,英国のイートン・スクールやオックスフォード大学によって生み出されたと同じ位大きな自信を持っていた。彼らは,彼らの方式(マルクス主義に基づくやり方)によって,あらゆる難問を解決できると信じていた。彼らよりも知性の高い少数の人たちは,そんなことはあり得ないということを知っていたが,あえてそれを言おうとしなかった。ある時,ザルキンド(ザルキン?)という名前の研究医(注:scientific physician: 研究中心の医者?/Google で検索すると 'The Jewish psychologist Alexander Zalkind' という表現が出てきたので,心理学者か?)と二人きりで語り合った時,彼は,気侯は性格に対して大きな影響を与えると言い始めた。しかしすぐに,急に言うのをやめ,次のように言った。「もちろんそれは本当ではありません。経済的要件(条件)のみが性格に影響します。」 (ロシアでは)人生において価値があると私が思っているものすべてが,皮相かつ狭量な哲学(イデオロギー)に利するために破壊されつつあり,そのような過程の中で,計り知れない不幸が何百万という人々の上に課せられつつある,と私は感じた。私の恐怖心は,ロシア滞在中,日々に増大し,ついにはバランスのとれた判断力を全て失ってしまった。



の画像
enlarge(拡大する!)
For my part, the time I spent in Russia was one of continually increasing nightmare. I have said in print what, on reflection, appeared to me to be the truth, but I have not expressed the sense of utter horror which overwhelmed me while I was there. Cruelty, poverty, suspicion, persecution, formed the very air we breathed. Our conversations were continually spied upon. In the middle of the night one would hear shots, and know that idealists were being killed in prison. There was a hypocritical pretence of equality, and everybody was called 'tovarisch', but it was amazing how differently this word could be pronounced according as the person addressed was Lenin or a lazy servant. On one occasion in Petrograd (as it was called) four scarecrows came to see me, dressed in rags, with a fortnight's beard, filthy nails, and tangled hair. They were the four most eminent poets of Russia. One of them was allowed by the Government to make his living by lecturing on rhythmics, but he complained that they insisted upon his teaching this subject from a Marxian point of view, and that for the life of him he could not see how Marx came into the matter.
の画像
enlarge(拡大する!)
Equally ragged were the Mathematical Society of Petrograd. I went to a meeting of this society at which a man read a paper on non-Euclidean geometry. I could not understand anything of it except the fomulae which he wrote on the blackboard, but these were quite the right sort of formulae, so that one may assume the paper to have been competent. Never, in England, have I seen tramps who looked so abject as the mathematicians of Petrograd. I was not allowed to see Kropotkin, who not long afterwards died. The governing classes had a self-confidence quite as great as that produced by Eton and Oxford. They believed that their formulae would solve all difficulties. A few of the more intelligent knew that this was not the case, but did not dare to say so. Once, in a tete-d-tete conversation with a scientific physician named Zalkind, he began to say that climate has a great effect upon character, but instantly he pulled himself up short, and said : 'Of course that is not really the case; only cconomic circumstances effect character.' I felt that everything that I valued in human life was being destroyed in the interests of a glib and narrow philosophy, and that in the process untold misery was being inflicted upon many millions of people. With every day that I spent in Russia my horror increased, until I lost all power of balanced judgement.


(掲載日:2007.01.03 更新日:2011.8.20)