(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


河合秀和(訳)『ロシア共産主義』
(みすず書房,1990年4月。145pp.)

* 原著:The Practice and Theory of Bolshevism, 1920)


目 次


 原著画像

第2版のための序言的なノート

序言

第1部 ロシアの現状
1.ボルシェヴィズムの約束するもの
 n.1
2.一般的特徴
3.レーニン、トロツキー、ゴリキー
4.共産主義ソヴィエト憲法
5.ロシア工業の失敗
6.モスクワの日常生活
7.都市と農村
8.国際政策

第2部 ボルシェヴィキの理論
1.唯物史観
2.政治を決定するさまざまな力
3.ボルシェヴィキの民主主義批判
4.革命と独裁
5.機械と個人
6.ロシア共産主義は何故失敗したのか
7.社会主義の成功の条件

訳者解説(河合秀和)