(本館Top)  (初心者ページTop)  (分館Top)

Portal Site for Russellian in Japan



『ラッセル自伝』AB16-13(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第6章(プリンキピア・マテマティカ)目次  総目次

 1903年と1904年の夏は,私たち夫婦は,チャート(Churt/右地図参照)とティルフォード(Tilford/右地図参照)で過ごした。私は毎夜11時から午前1時まで,共有地を歩きまわることを習慣としていたが,それによって,夜鷹(ナイトジャー)が3種類の異なった鳴き声をすることを知った。(大部分の人は一種類の鳴き声しか知らない)
 当時私は,前述した論理的矛盾(パラドクス)を解決しようと懸命に努力していた。毎朝私は,1枚の白紙の前に坐った。途中に短い昼食の時間がはいるだけで,後はずっと1日中,その白紙をみつめていた。しばしば,夕方になっても,紙は依然として白紙のままであった。
 その2年間の冬は,私たちはロンドンで過ごした。冬の間中,私は,全然仕事をしようしなかった。しかし,1903年と1904年の2度の夏は,完全な'知的行き詰まりの時期'として,私の記憶に残っている。論理的矛盾(パラドクス)を解決しないことには先に進めないことは明らかであった。そこで,いかなる困難があっても『プリンキピア・マテマティカ』の完成だけはなしとげようと決意していた。しかし,私のその後の人生のすべては,あの白紙のみを見つめることに費やされることはまったくありそうなことだと思われた。さらに一層私をいらいらさせたのは,そのパラドクス(論理的矛盾)は取るにたらないものであり,私の貴重な時間が,まじめな注意を払うに値いしないと思われるような事柄について考えることに費やされるということであった。(しかし)私の時間のすべてが,絶望的なことに,また知的なことにのみ費やされていたと想像してはならない。たとえば,前述した,メイナード・ケインズ(John Maynard Keynes, 1883-1946)がティルフォードにやって来て土曜から月曜まで私たちと一緒に過ごした時のことを記憶している

The summers of 1903 and 1904 we spent at Churt and Tilford. I made a practice of wandering about the common every night from eleven till one, by which means I came to know the three different noises made by night-jars. (Most people only know one.) I was trying hard to solve the contradictions mentioned above. Every morning I would sit down before a blank sheet of paper. Throughout the day, with a brief interval for lunch, I would stare at the blank sheet. Often when evening came it was still empty. We spent our winters in London, and during the winters I did not attempt to work, but the two summers of 1903 and 1904 remain in my mind as a period of complete intellectual deadlock. It was clear to me that I could not get on without solving the contradictions, and I was determined that no difficulty should turn me aside from the completion of Principia Mathematica, but it seemed quite likely that the whole of the rest of my life might be consumed in looking at that blank sheet of paper. What made it the more annoying was that the contradictions were trivial, and that my time was spent in considering matters that seemed unworthy of serious attention. It must not be supposed that all my time was consumed in despair and intellectual effort. I remember, for instance, the occasion mentioned earlier when Maynard Keynes came to spend Saturday to Monday with us at Tilford.
(掲載日:2005.12.16/更新日:2011.5.6)