(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』n.21(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第1章(幼少時代)累積版  総目次
 幼少時代の大部分を通して,私の一日の最も重要な時間は,ペンブローク・ロッジの庭園で一人で過ごした時間であり,また私の生活のうちで最も活き活きとしていたのは孤独の時であった。
 私は自分が考えたことでやや重要と思うことについては,他人にはめったに話さなかったが,話した時には後悔した。
 
 私は庭園のすみずみまでよく知っており,毎年ある場所では白い桜草(右欄上写真)を,他の場所ではジョウビタキ鳥(左欄写真)の巣を,また,からみあったのツタの間から出て来るアカシアの花を観察した。その年最初のブルーベル(右欄下写真)がどの場所で見つかるか,どの樫の木が一番早く葉が出るか,私にはわかっていた。1878年(ラッセル6歳)には,ある樫の木には早くも4月14日に葉が出たのをおぼえている。私の部屋の窓からは2本の(イタリア)ロンバルジア産のポプラ(セイヨウハコヤナギ:下の水彩画=『ラッセル自叙伝』第1巻より)が見えた。どちらも高さが約100フィート(約30メートル)あったが,日が沈むにつれて家の陰がその樹の上を這い上がってゆくのを私はよく眺めていた。
 朝は非常に早く目が覚め,時々金星が出ているのが見えた。ある時,金星(←その惑星)を森の中のランタン(角灯)と見まちがえた。たいていの朝,日の出を見たし,4月の晴れた日には時々家から抜け出して,朝食前に長い散歩をよくした。日没(の太陽)が大地を赤く染め,雲を黄金色に染めるのを見まもった。風の音に耳を頓け,雷の稲光りに歓喜した。(右下写真:Pembroke Lodge の庭から西方を望む,松下1980年撮影)
 幼少時代を通じて,孤独感がしだいに増すとともに,誰か語り合うことのできる人間に会うことについて(会えないのではないかという)絶望感がしだいに増していった。(そうして)自然と本と(後には)数学が,私が完全に意気消沈するのを救ってくれた。
の画像
拡大する!(enlarge)


Throughout the greater part of my childhood, the most important hours of my day were those that I spent alone in the garden, and the most vivid part of my existence was solitary.
I seldom mentioned my more serious thoughts to others, and when I did I regretted it.
I knew each corner of the garden, and looked year by year for the white primroses in one place, the redstart's nest in another, the blossom of the acacia emerging from a tangle of ivy. I knew where the earliest bluebells were to be found, and which of the oaks came into leaf soonest. I remember that in the year 1878 a certain oak tree was in leaf as early as the fourteenth of April. My window looked out upon two Lombardy poplars, each about a hundred feet high, and I used to watch the shadow of the house creeping up them as the sun set.
In the morning I woke very early and sometimes saw Venus rise. On one occasion I mistook the planet for a lantern in the wood. I saw the sunrise on most mornings, and on bright April days I would sometimes slip out of the house for a long walk before breakfast. I watched the sunset turn the earth red and the clouds golden; I listened to the wind, and exulted in the lightning. Throughout my childhood I had an increasing sense of loneliness, and of despair of ever meeting anyone with whom I could talk. Nature and books and (later) mathematics saved me from complete despondency.

の画像
拡大する!(enlarge)