(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ without regard to [for] [〜を無視して,〜を顧慮せずに,〜にかまわずに]
We are sometimes told that only fanaticism can make a social group effective. I think this is totally contrary to the lessons of history. But, in any case, only those who slavishly worship success can think that effectiveness is admirable without regard to what is effected. For my part, I think it better to do a little good than to do much harm.
['狂信'(何かを強く信じること)だけが,社会的集団を有効に働かせることができるという言葉を,我々は時々耳にします。これは,歴史の教訓に全く反していると,私は考えます。しかし,とにかく,成功を盲従的に崇拝する人々だけが,もたらされる結果を顧慮することなしに,効果があることだけを称賛にあたいすると考えることができるのです。私としては,多くの害を与えるよりも,善いものを少し与える方がよりよい,と考えます。」
 出典:Bertrand Rusell: Why I am not a Christian and Other Essayson Religion and Related Subjects (1957),Preface]

But not infrequently a man will engage in activities of which the purpose is destructive without regard to any construction that may come after. Frequently he will conceal this from himself by the belief that he is only sweeping away in order to build afresh, but it is generally possible to unmask this pretence, when it is a pretence, by asking him what the subsequent construction is to be.
[しかし,人間は,少なからず,その後に続くべき建設を何ら顧慮しないで,'破壊を目的とする活動'に従事することがある。しばしば彼は,自分は新たに建設するために'古いものを一掃'しているだけだと信じる(信じこもうとする)ことによって,このこと(破壊だけが目的であること)を自分に隠そうとする。それが'口実'の場合には,破壊の後に続く建設とは何であるか尋ねることによって,通例,その'口実の仮面'をはぎ取ることができる。」
 出典:ラッセル『幸福論』第14章「仕事」]

I wanted to think my own thoughts, find my own friends, and choose my own abode, without regard to tradition or elders or anything but my own tastes. I felt strong enough to stand alone, without the need of buttresses. Now, I realize, what I did not know then, that this attitude was dependent upon a superabundant vitality.
[私は, −−伝統も,年長者も,自分の好み以外のいかなることも考慮しないで−−,自分自身の思想をもち,自分の好きな友を見つけ,自分の好きなところに住みたいと望んだ。私は,何らの支えを必要とすることなく,'孤立'できるほど十分に強いと感じていた。現在では,−−あの当時わからなかったことであるが−−, そのような態度がとれたのは(今はもう弱まった)生命力に満ち溢れていたからだ,ということを実感している。」
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第4章「再婚」]

Men of science, at their best, have a special kind of impressiveness, resulting from the combination of great intellect with childlike simplicity. When I say 'simplicity', I do not mean anything involving lack of cleverness; I mean the habit of thinking impersonally, without regard for the worldly advantage or disadvantage of an opinion or an action. Among the men of science I have known, Einstein is a supreme example of this quality.
[最高の科学者は,優れた知性と子供のような単純さとの結合から生れる(ところの)特別な種類の感銘を人に与えるものだ。この「単純さ」は,利口さが欠けるという意味ではない。私が言いたいのは,ある意見や行動が世間的にどんな利益があるか・不利益があるか,といったことを顧慮することなしに非個人的(客観的に)に思考する(自己中心的な考え方をしない)習慣のことである。私の知り合った科学者の中でこの種の特質を最高度に示している良い例は,アインシュタインである。
 出典:ラッセル『人類の将来−反俗評論集』のなかの「アインシュタインについて」]

He often acted without regard to the feeling o others.
[彼はしばしば他人の感情を無視して行動した。)
 出典:森一郎『試験にでる英熟語』p.154.]

He has decided on the matter without regard to our advices.
[彼は私達のアドバイスを無視してその件を決めた。)
 出典:森一郎『アナリシス英熟語3000 v.2.1』p.31]

wihtout regard to decency / without regard for one's safety
[礼儀作法もかえりみず / 安全もかえりみず
 出典:Kenkyusha's New College English-Japanese Dictionary, 6th ed.]