(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ scold (v) [(うるさく)叱る、(がみがみ)小言を言う]

* scold 〜 for ・・・の理由で〜を叱る
scolding (adj.):がみがみ言う,口やかましい || (n) 叱責,小言
I suppose that at first fire was chiefly used to keep away wild beasts while our ancestors slept, but the warmth must have been found agreeable. Presumably on some occasion a child got scolded for throwing the meat into the fire, but when it was taken out it was found to be much better, and so the long history of cookery began.
[はじめの頃は,火は主に我々の祖先が,眠っている間野獣を遠ざけておくために使われたものを思われる。だが、火の暖かさは好ましいものとわかったに違いない。恐らくなにかの機会に子どもが(野獣の)肉を日のなかに投げ入れて叱られたが,食べてみたら生のままのより美味しいことがわかった。そうして長い料理の歴史が始まったのであろう。
 出典:Bertrand Russell: Ideas That Have Helped Mankind,1946]

Since parents have lost their economic power over their daughters, they have become much more chary of expressing moral disapproval of them; there is not much use in scolding a person who won't stay to be scolded.
[両親は、娘に対する経済的支配力を失っているため、彼女を道徳的に非難することを昔よりもずっと遠慮するようになっている。叱られるのを我慢しない人間をしかっても、あまり役に立たない。
 出典:ラッセル『幸福論』第13章「家族]

There is a deep-seated fear, in most people, of the cold world and the possible cruelty of the herd; there is a longing for affection, which is often concealed by roughness, boorishness or a bullying manner in men, and by nagging and scolding in women.
[大部分の人には,冷たい世間や,起こりうる群衆の残虐さに対する根深い恐怖(心)がある。(また)愛情への憧れがある。それは,男性の場合には,しばしば,粗暴,粗野(がさつさ),またはいばり散らす(弱いものいじめをする)態度に隠されており,女性の場合には,口やかましかったり,がみがみ言ったりする態度に隠されている。
 出典:ラッセル『結婚論』第9章「人生における愛の位置」]

Our mother sometimes scolds us, but always patiently, and she never shouts at us.
[母は私たちを叱ることはあるが、彼女はいつも我慢強く,私たちに怒鳴ることは決してない。
 出典:宮川幸久(編著)『英単語ターゲット1900』p.217]

The teacher scolded him for cutting his English class.
[先生は英語の授業をさぼったことで彼を叱った。
 出典:『VITAL3000 英単語・熟語』p.119.]

He was severely scolded by his mother.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]