(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA24-020)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 13(The Family)   Contents (総目次)
 現代の未婚婦人(spinster: 未婚で若くない女性)は、このような状況においては死ぬほかない、とは考えない。十分な教育を受けている場合は、快適な暮らしをするのにまったく困難はなく、また、それゆえ、両親の承認を得る必要もない。両親は、娘に対する経済的支配力を失っているため、彼女を道徳的に非難することを昔よりもずっと遠慮するようになっている。叱られるのを我慢しない人間をしかっても、あまり役に立たない。それゆえ、今日、専門的職業階層(階級)の未婚の若い女性は、もしも、知性と魅力の点で平均以下でなければ、子供を持ちたいという欲望にとらわれないかぎり、完全に'快適な生活'を楽しむことができる。しかし、この欲望が非常に強くなれば(←彼女を圧倒すれば)、結婚せざるえなくなり、ほぼ確実に仕事を失うことになる。彼女は、それまで慣れてきたよりもずっと低いレベルの'安楽さ'に落ち込まなければならない。なぜなら、夫の収入は、多分、彼女が以前かせいでいた収入よりも多くはないという可能性が大きく、また、ただ一人の女性ではなく、家族全体を扶養しなければならないからである。独身(生活)を楽しんだ後、必要な支出の1ペニーまで、他人に頼らなければならないなんて非常に悔しい、と彼女は思う。以上のような理由で、このような女性は、母親になることにつながる道に踏み出すこと(←母性への船出)を躊躇する。
 それにもかかわらず一か八か母親になろうとする女性は、前世代の女性たちと比べて、新しい、ぞっとするような問題--すなわち、家事サービスをする人(女中、お手伝いさん)の不足と質の悪さという問題--に直面する。この結果、彼女は家庭に縛り付けられ、彼女の能力や訓練(training)にまったく値しない非常に多くのつまらない仕事を自分でしなければならないか、あるいは、自分でやらない場合は、こういう仕事をおろそかにするメイド(女中)をしかりつけることで気分を台無しにしてしまう。子供の健康管理(←体についての気遣い)に関しては、もし、彼女が努力してこの問題に精通するようになると、彼女は、子供を保母に預けたりあるいは清潔と衛生に関する最も基本的な予防(対策)でさえ他人にまかせると重大な災難を招く危険が必ず生ずると思うようになる。ただしこれは、いずれかの学校で費用のかかる訓練を受けている保母を雇う余裕がない人の場合であるが(→雇える場合は、この限りではないが)大量のつまらない細かな事柄によって押しつぶされ、まもなく彼女の魅力の全てと知性の四分の三を失わないとすれば、運がいいと言うべきである。必要な義務をただ果たしているだけということから(ことにすぎないと)、あまりにもしばしば、そのような女性は、夫にとって退屈な、また子供たちとって小うるさい、存在になる。夕方になり、夫が仕事から帰ってきたとき、昼間の苦労についてしゃべる女性はうんざりさせる人間であり、そうしない女性はぼんやりした人間である。子供に関しては、子供を生むために払った犠牲が鮮やかに心に残っているため、期待してよい以上のお返し(報酬)を、ほぼ確実に要求するようになる。一方、とるに足らない細かなことに常に気を配る習憤のために、多分、彼女は、小うるさく狭量な人間になってしまっているだろう。次のことは、彼女が受けなければならないあらゆる不当なしうち(不公正)の中でも、最も致命的なものである。即ち、家族に対して義務を果たした結果、家族の愛情を失ってしまった、ということであり、これに対し、もし家族をほったらかしにして、陽気でチャーミングなままでいたら、多分、家族は彼女を愛したことだろう、と。(原注:専門職階級に影響する限りにおいて、この問題全体は、ジーン・エイリングの『親となることからの逃避』の中で、すばらしい洞察力と構想力をもって扱われている。)
The modern spinster does not consider death necessary in these circumstances. If she has had a good education, she has no difficulty in making a comfortable living, and is therefore independent of parental approval. Since parents have lost their economic power over their daughters, they have become much more chary of expressing moral disapproval of them; there is not much use in scolding a person who won't stay to be scolded. The unmarried young woman of the professional classes is therefore able nowadays, provided she is not below the average in intelligence and attractiveness, to enjoy a thoroughly agreeable life so long as she can keep free from the desire for children. But if this desire overwhelms her, she is compelled to marry, and almost certainly to lose her job. She sinks to a much lower level of comfort than that to which she has been accustomed, since her husband's income is very likely no larger than that which she was previously earning, and has to provide for a family instead of only a single woman. After having enjoyed independence, she finds it galling to have to look to another for every penny of necessary expenditure. For all these reasons such women hesitate to embark upon maternity.
A woman who nevertheless does take the plunge finds herself, as compared with the women of former generations, confronted with a new and appalling problem, namely the paucity and bad quality of domestic service. In consequence of this, she becomes tied to her house, compelled to perform herself a thousand trivial tasks quite unworthy of her ability and training or, if she does not perform them herself, to ruin her temper by scolding the maids who neglect them. In regard to the physical care of her children, if she has taken pains to become well-informed in this matter, she finds that it is impossible, without grave risk of disaster, to entrust the children to nurses, or even to leave to others the most elementary precautions in regard to cleanliness and hygiene, unless she can afford a nurse who has had an expensive training at some institute. Weighed down by a mass of trivial detail, she is fortunate indeed if she does not soon lose all her charm and three-quarters of her intelligence. Too often through the mere performance of necessary duties such women become wearisome to their husbands and a nuisance to their children. When the evening comes and her husband returns from his work, the woman who talks about her day-time troubles is a bore, and the woman who does not is absent-minded. In relation to her children, the sacrifices that she had made in order to have them are so present to her mind that she is almost sure to demand more reward than it is desirable to expect, while the constant habit of attending to trivial details will have made her fussy and small-minded. This is the most pernicious of all the injustices that she has to suffer: that in consequence of doing her duty by her family she has lost their affection, whereas if she had neglected them and remained gay and charming they would probably have loved her.(* This whole problem as it affects the professional classes is treated with remarkable insight and constructive ability in The Retreat from Parenthood, by Jean Aylin. )

(掲載日:2006.06.02/更新日:2010.5.3)