バートランド・ラッセルのポータルサイト

バートランド・ラッセル 英単語・熟語 r140

★ rebut【(vt) しりぞける、はねつける;(法)反駁する、反証をあげる】

* 特に司法関係で使われる単語
* rebuttal (n):反証、反駁
* rebutting evidence 反証

1.ラッセルの著書より


ラッセル英単語・熟語1500
It was the custom in academic circles to dismiss all critics of Kant as persons who had failed to understand him, and in rebutting this criticism it was an advantage to have once agreed with him.
[カントを批判する者はすべて,カントを理解し損ねたものとして簡単に片付けてしまうのが,当時の学界(英国哲学会/学者仲間)の慣例であった。また,こうした批判に反駁をあびせるにあたって,私が以前カントに賛成していたことがあるということ(事実)は,'何かと好都合'であった。]
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第5章「初婚

When he was worried by accusations of immorality or infidelity, he would write somewhat second-rate stories designed to rebut such charges, such as The Soul of a Bishop or the story of the husband and wife who are beginning to quarrel and, to stop this process, spend the winter in Labrador and are reconciled by a common fight against a bear.
[彼(H. G. Wells)は、不道徳や不信心の非難によって悩まされた時には,そのような非難に反駁することを目的としたやや二流の物語をよく書いた。たとえば,『ある(カトリック)司教の魂』や,夫婦喧嘩を始め,それをやめるためにラブラドール地方(注:Labrador カナダの大西洋岸にある地域のこと?)で冬を過ごし,熊との共同の戦いによって和解する夫婦の物語のようなものである。]
 出典:ラッセルH. G. ウェルズ

A little later I rejoiced in his witty verses written under the pseudonym of Myra Buttle (a pun for My Rebuttal). .
[その後少ししてから,私は彼が書いたマイラ・バトル(注:Myra Buttle → My Rebuttal マイ・レバトル,すなわち'我が抗弁'のしゃれ)という仮名のもと創作したウィットに富んだ詩(韻文)をとても楽しんで読んだ。]
 出典:ラッセル『自伝』第3巻第4章「バートランド・ラッセル平和財団

2.参考

It seems impossible to rebut the allegation.
[疑惑(allegation 申し立て/陳述)に反論するのは無理だと思われる。]
 出典:『知識と文脈で深める上級英単語 LOGOPHILIA ロゴフィリア』p.73

The complainant girded himself for the rebuttal.
[原告側(complainant)は反論の用意をした。]
 出典:『究極の英単語v.4_超上級の3000語』p.405

The accusations met with a firm rebuttal.
 出典:Oxford Advanced Learner's Dictionary, 8th ed.

If you rebut a charge or criticism that is made against you, you give reasons why it is untrue or unacceptable.
 出典:Collin's COBUILD English Dictionary for Advanced Learners, new ed.