バートランド・ラッセルのポータルサイト

バートランド・ラッセル 英単語・熟語 f091

★ fondle 【(vt):優しくなでる、愛撫する、かわいがる | (vi) いちゃつく 】

* fond (adj.) [+ of + doing] 好んで;優しい、愛に溺れた、妄信的な;(古語)愚かな
* fondly (adv.):優しく;妄信的に;(古語)愚かにも
* fondness (n):溺愛;いつくしみ

1.ラッセルにおける用例


ラッセル英単語・熟語1500
It is absurd to maintain, as some Freudians do, that parents ought not to kiss and fondle their children at all.
[一部のフロイト主義者のように,親は我が子にキスしたり愛撫したりすべきではないと主張するのは馬鹿げている。]
 出典:ラッセル『教育論』第二部_性格の教育_第11章「愛情と同情

I do not mean anything obvious: I mean merely a certain emotional tension, a certain passionateness of feeling, a pleasure in kissing and fondling to excess. .
[私は,はっきりした行為のことを言っているのではない。ただ,ある種の情緒的な緊張,ある種の情熱的な感情,やたらにキスしたり愛撫したりする喜びのことを言っているにすぎない。]
 出典:ラッセル『教育論』第二部_性格の教育_第11章「愛情と同情

It is odd that neither the Church nor modern public opinion condemns petting, provided it stops short at a certain point. At what point sin begins is a matter as to which casuists differ. One eminently orthodox Catholic divine laid it down that a confessor may fondle a nun's breasts, provided he does it without evil intent. But I doubt whether modern authorities would agree with him on this point.
[教会(キリスト教会)も現代の世論も、愛撫(ペッティング)は、ある点を超えなければ非難しないというのは、奇妙である。どの点を超えれば罪になるかは、論者によって異なる。ある著名な正統派のカトリック神父は、もし彼が悪意をもっていなければ、聴罪司祭(a confessor)は尼僧の胸を愛撫してもよいと明言した(lay it down that。]
* 訳注:山田英世・市井三郎(共訳)『人類の将来-反俗評論集』では「・・・ 信仰告白者("a confessor")は修道女の胸を愛撫してよいと規程した」と訳されている。"a confessor"は文字づらから判断すると「教会などで懺悔する告白者」のように思われてしまうが、疑って調べると、"a confessor"とは「カトリックにおける聴罪司祭であることがわかる。つまり、司教・司祭(聴罪司祭)は信者の告白を聴き、「父と子と聖霊のみ名によって」罪をゆるす権能を行使する者のことを言うとのことで、第7章を担当した山田氏の誤訳ということになります。
 出典:ラッセル『不評判なエッセイ集(or 反俗評論集)』第7章「知的たわごとの概要」(原著ハードカバー版p.80)

2.参考例

When he tried to fondle her, he met with an irate rebuff.
[彼は彼女を優しくなでようとしたが、怒りに満ちた拒絶にあった。]
 出典:『究極の英単語 v.4 超上級の3000語』p.226

He looked at her fondly.
 出典:Oxford English Dictionary, 8th ed.

If you fondle someone or something, you touch them gently with a stroking movement, usually in a sexual way..
 出典:COLLINS COBUILD English Dictionary for Advanced Learners, new ed.