(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『宗教と科学』(松下彰良・対訳)

Religion and Science, 1935, by Bertrand Russell

Back(前ページ) 第2章_イントロ累積索引 Next(次ページ) Contents(総目次)
 

第2章 コペルニクス的革命(コペルニクス的転回) n.15

 この判決が比較的寛大であったことには,自説撤回という条件が付いていた。従って,ガリレオは,公然と,ひざまずいて,異端審問所によって作成された(drawn up)長い決まり文句(formula)を暗唱した。その中で彼は次のように述べた。「私は,自分が過去に発した間違いや異端(説)を誓って放棄し,呪い,嫌悪する。・・・私は,将来,口頭でも書物の中でも,同じような疑いを受けるようなことはいかなることも,これ以上決して言ったり,主張したりしない。」 彼は,さらに(went on 続けて),今後いまだに地球は動くと主張しているとわかった異端者はいかなる者も異端審問所に対し告発するだろうと約束するとともに,その手を福音書(Gospels)の上に置き,自分自身この説(地動説)を放棄したことを誓った。異端審問所は,当時(当代)最大の人物に偽誓(perjury)させることによって宗教上および道徳上の利益がかなえられたことに満足し,彼に,余生を獄中ではなく隠退して沈黙して送ることを許した。それは事実であるが,しかし(実際は),一切の行動が統制され,家族や友人に会うことも禁ぜられた。彼は1637年に盲目になり,そうして,1642年に亡くなった。その年はニュートンが生れた年であった。

 教会(カトリック教会)は,支配下にある全ての学術及び教育機関において,コペルニクスの体系(地動説)を真理として教えることを禁止した。(そうして)1835年に至るまで,地動説を説く著作は禁書日録に載せられていた。1829年に,トルヴァルセン(Bertel Thorvaldsen、1770頃〜1844:デンマークの彫刻家)コペルニクス像(銅像)がワルシャワで除幕された時,この天文学者(コペルニクス)を称えるために多くの人々が集まったが,カトリック教会の司祭はほとんど現われなかった。200年間に渡って,カトリック教会は,ひとつの理論に対しいやいや反対を弱めつつも反対を維持したが,その期間(200年間)を通じて、ほぼ全ての有能な天文学者たちによって当該理論(コペルニクス説)は受け入れられていたのである。

Chapter 2: The Copernican Revolution, n.15

The comparative mildness of this sentence was conditional upon recantation. Galileo, accordingly, publicly and on his knees, recited a long formula drawn up by the Inquisition, in the course of which he stated : “I abjure, curse, and detest the said errors and heresies. ... and I swear that I will never more in future say or assert anything, verbally or in writing, which may give rise to a similar suspicion of me.” He went on to promise that he would denounce to the Inquisition any heretics whom he might hereafter find still maintaining that the earth moved, and to swear, with his hands on the Gospels, that he himself had abjured this doctrine. Satisfied that the interests of religion and morals had been served by causing the greatest man of the age to commit perjury, the Inquisition allowed him to spend the rest of his days in retirement and silence, not in prison, it is true, but controlled in all his movements, and forbidden to see his family or his friends. He became blind in 1637, and died in 1642 -- the year in which Newton was born.

The Church forbade the teaching of the Copernican system as true in all learned and educational institutions that it could control. Works teaching that the earth moves remained on the Index till 1835. When, in 1829, Thorvaldsen's statue of Copernicus was unveiled at Warsaw, a great multitude assembled to do honour to the astronomer, but hardly any Catholic priests appeared. Throughout two hundred years the Catholic Church maintained a reluctantly weakening opposition to a theory which, during almost the whole of that period, was accepted by all competent astronomers.

(掲載日:2018.07.27/更新日: )