(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第18章__累積索引 Contents(総目次)
 

第18章 権力を手懐けること, n.32

 

W

 実生活において民主主義を成功に導くのに必要な気質は,知的生活において(必要な)科学的な気質とまさに同じである。それは懐疑主義独断主義折衷案(注:a half-way house :2つのものの中間にある宿屋;刑務所・精神病院などから出たあとの更生訓練施設;折衷案,中間形態)のようなものである。真理は完全に到達可能なものでもないし、完全に到達不可能なものでもない,と折衷案は考える。(即ち)真理はある程度まで到達可能であるが、苦労して初めて到達しうるものである。

 独裁制は −近代の形態においては− 常に信条と結びついている。(たとえば)ヒトラーの信条ムッソリーニの信条、あるいはスターリンの信条である。独裁制が存在しているところでは、若者はまだ自分で考えられるようになる前に、ひとそろいの信念が精神に注入され、また、これらの信念は生徒たちが後に(成人した後に)早期の教訓(授業)の催眠効果から決して逃れることができないであろうことが期待されるように(期待できるように),絶えず執拗に教えられるのである。こうした信念は、その信念が真実だと想えるような理由を与えることによってではなく、オウムのような繰返し集団ヒステリー集団的な暗示によって注入されるのである。こういうやり方で、二つの相反する信条が教え込まれ続けると、それらの信条は、議論を行う二つの政党ではなく、衝突する二つの軍隊を生み出す。催眠をかけられたどちらの自動人形(ロボット化した人間)も、最も神聖なものは全て味方側(自分たちの側)の勝利と密接に結びついており、最も恐るべきものは全て敵側(反対側)の勝利によって例証されると感じる。そういった狂信的な党派の者たちは、議会に集まって「どちらの側が多数派を占めるか(競い合って)やってみよう」というようなわけにはいかない。このようなことは全くあまりにも平凡なことに見えるであろう。なぜなら、どちらの側もそれぞれ聖なる大義名分を代表しているからである。こういった独断主義は、もし独裁政治は避けられなければならないとすれば、予防されなければならず、またこれを防ぐ方策(措置)は,教育の不可欠の部分を形作らなければならない(不可欠な部分にならなければならない)。

Chapter 18: The taming of Power, n.32

IV

The temper required to make a success of democracy is, in the practical life, exactly what the scientific temper is in the intellectual life; it is a half-way house between scepticism and dogmatisim. Truth, it holds, is neither completely attainable nor completely unattainable; it is attainable to a certain degree, and that only with difficulty.

Autocracy, in its modern forms, is always combined with a creed: that of Hitler, that of Mussolini, or that of Stalin. Wherever there is autocracy, a set of beliefs is instilled into the minds of the young before they are capable of thinking, and these beliefs are taught so constantly and so persistently that it is hoped the pupils will never afterwards be able to escape from the hypnotic effect of their early lessons. The beliefs are instilled, not by giving any reason for supposing them true, but by parrot-like repetition, by mass hysteria and mass suggestion. When two opposite creeds have been taught in this fashion, they produce two amies which clash, not two parties that can discuss. Each hypnotized automaton feels that everything most sacred is bound up with the victory of his side, everything most horrible exemplified by the other side. Such fanatial factions cannot meet in Parliament and say 'let us see which side has the majority' ; that would be altogether too pedestrian, since each side stands for a sacred cause. This sort of dogmatism must be prevented if dictatorships are to be avoided, and measures for preventing it ought to form an essential part of education.
1
(掲載日:2018.06.15/更新日: )