(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第18章__累積索引 Contents(総目次)
 

第18章 権力を手懐けること, n.28

 

W

 信仰復興論者(Revivalist: 昔の習慣や思想を復活させようとする人)のもつ熱狂は,たとえばナチスの熱狂のように,それが生じさせるエネルギー自己犠牲らしきものを通して,多くの人々称賛(の念)を引き起こす。集団的な興奮は,苦痛に対して,また死に対してさえ,無関心を伴っており,歴史上において珍しいもの(稀なもの)ではない。信仰復興論者のもつ熱狂が存在するところでは,自由は存在しない。熱狂家は力(強制力)によってのみ抑制(抑止)することができ,また,熱狂家は抑制(抑止)されなければ,彼らは他の人々に力(強制力)をふるうであろう。私は1920年に北京で出会ったあるボルシェビイキ(ソビエト共産主義者)のことを覚えているが,彼は次のような(彼らにとっての)完全な真理を声高に言いながら,部屋の中をいったりきたりしていた。(即ち)「もし我々が彼ら(旧体制の人々)を殺さなければ,彼らが我々を殺すであろう」と('If vee do not keel zem, zey vill keel us!' = 「If we do not kill them, they will kill us!」のロシアなまりの英語)。こういった気分が一方の側にあれば,当然のこと,相手側(敵対側)にも同様の気分を生み出す。その結果,最後まで戦うということになり,あらゆることが勝利のために二の次にされる(軽視される)。その戦いの間,政府は,軍事的な理由から,独裁的な権力を獲得する。戦いの最後に,もし勝利すれば,政府はその権力をまず敵の残党を掃討するためにふるい,次に政府の支持者たちに対する独裁権の継続を確保するために権力をふるう。その結果は,当初熱狂家たちが闘ったもの(目的や大義)からはかなり異なったものである。熱狂は,一定の結果を達成することができる一方,それが望んだものをほとんど達成することはできない。集団的熱狂を讃美することは,無謀であり無責任である。というのは,熱狂の結果として得られるもの(成果)は,凶暴さであり,戦争であり,死であり,奴隷状態だからである。

Chapter 18: The taming of Power, n.28

IV

Revivalist enthusiasm, such as that of the Nazis, rouses admiration in many through the energy and apparent self-abnegation that it generates. Collective excitement, involving indifference to pain and even to death, is historically not uncommon. Where it exists, liberty is impossible. The enthusiasts can only be restrained by force, and if they are not restrained they will use force against others. I remember a Bolshevik whom I met in Peking in I920, who marched up and down the room exclaiming with complete truth: 'If vee do not keel zem, zey vill keel us!' The existence of this mood on one side of course generates the same mood on the other side; the consequence is a fight to a finish, in which everything is subordinated to victory. During the fight, the government acquires despotic power for military reasons; at the end, if victorious, it uses its power first to crush what remains of the enemy, and then to secure the continuance of its dictatorship over its own supporters. The result is something quite different from what was fought for by the enthusiasts. Enthusiasm, while it can achieve certain results, can hardly ever achieve those that it desires. To admire collective enthusiasm is reckless and irresponsible, for its fruits are fierceness, war, death, and slavery.
1
(掲載日:2018.06.11/更新日: )