(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第18章__累積索引 Contents(総目次)
 

第18章 権力を手懐けること, n.20

 

 マルクス主義者は - マルクスとエンゲルスの権威の結果 - 前世紀の40年代(1840年代)に属するいろいろな考え方を保持し続けており,いまだ企業(businesses)個々人の資本家に属するものであるかのごとく想っており,所有権と支配権とを分離して考えることに由来する教訓を学んでいない。重要人物とは,経済的権力に対する支配権を持っている人物のことであり,名目的な部分的な所有権を持っている人間のことではない。英国首相ダウニング街十番地(の首相官邸)を所有しているわけではなく,司教(たち)もその邸宅を所有しているわけではない。しかし,だからといって,首相や司教は,(自宅を持つ)平均的な賃金労働者と比較して,住居に関して(は)良くないと言うことは馬鹿げたことであろう。民主的でないいかなる形態の社会主義のもとにおいても,経済的権力を支配している人々は,いかなる物も「所有すること」なく,豪華な官舎の使用,最上の自動車の利用,王侯のような遊興費(の受給),公的な行楽地での公費負担による休暇(取得)等々が可能である。そうして,彼ら(社会主義政権の官公吏)は,なぜ支配権を現在持っている人々以上に,一般労働者に対してもっと関心をもつべきであろうか?(関心を持つはずはないではないか?) 一般労働者に彼らの地位を奪いとるだけの権力を持っていない限り,彼らが一般労働者に関心を抱くような理由はまったくない。さらに,現在の大企業における少額投資家の軽視(従属的な地域置くこと)は,たとえ「民主政治」が資本家から成りたっている場合でも,(国の)役人たち(高級官僚たち)がこの民主政治に打ち勝つ(overpower 負かす)ことがいかに容易であるかを示している。

Chapter 18: The taming of Power, n.20

II

Marxists, having retained, as a result of the authority of Marx and Engels, many ways of thinking that belong to the forties of last century, still conceive of businesses as if they belonged to individual capitalists, and have not learnt the lessons to be derived from the separation of ownership and control. The important person is the man who has control of economic power, not the man who has a fraction of the nominal ownership. The Prime Minister does not own No. 10 Downing Street, and Bishops do not own their palaces; but it would be absurd to pretend, on this account, that they are no better off as regards housing than the average wage-earner. Under any form of socialism which is not democratic, those who control economic power can, without 'owning' anything, have palatial official residences, the use of the best cars, a princely entertainment allowance, holidays at the public expense in official holiday resorts, and so on and so on. And why should they have any more concern for the ordinary worker than those in control have now? There can be no reason why they should have, unless the ordinary worker has power to deprive them of their positions. Moreover the subordination of the small investor in existing large corporations shows how easy it is for the official to overpower the democracy, even when the. 'democracy' consists of capitalists.
1
(掲載日:2018.05.30/更新日: )