(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『権力』(松下彰良・訳)

Power, 1938

Back(前ページ) Next(次ページ) 第18章__累積索引 Contents(総目次)
 

第18章 権力を手懐けること, n.17

 

U

 第一に,「所有(権)」は「支配(権)」と同じもの(概念)ではない。仮に,たとえば,国家が鉄道を所有していて(注:国有),しかも国家は市民全体である(市民全体から国家は成っている)と考えられる場合,それは(それだからといって)ひとりでに一般市民が(国が所有している)鉄道に対して何らかの権力を持つであろうということを保証するものではない。(ここで)しばらくの間,バーリー氏とミーンズ氏がアメリカの大規模な株式会社(corporations 法人)の所有権と支配権について述べていることに,戻ってみよう。彼らの指摘によれば,そういった株式会社の大多数において,全ての理事を合計しても,彼らは通常(株式全体の)たった1〜2%しか株を保有していないにもかかわらず,事実上,彼らは(当該法人に対して)完全な支配権を握っている。
(株式会社の)取締役会(注:board 役員会,理事会)の(役員)選挙において,株主は,通常,3つの選択肢(alternatives)をもっている。(即ち)投票をやめるか,年次総会に出席して個人的に自分が保有している株の権利分について投票するか,あるいは株式会社の経営者(management)や投票委員会(a proxy committee)によって選ばれた特定の人たちに自分の投票権を譲る委任状に署名するか,そのいずれかを選ぶことができる。その人がよほどの大株主でないかぎり,一株主の個人的投票権(議決権)などは株主総会においてはほとんどとるに足らないものなので,株主は,実際には,まったく(総会に出席して)投票しないという選択肢か,あるいは,彼がまったく支配権(影響力)を持っていない人に,またその人を選ぶことに関与できなかった人に,自分の投票権(議決権)を手渡すという選択肢へと陥らされる(reduced to 切り詰められる)。いずれの選択肢を選んでも,彼にはまったく支配する手段をふるうことはできないであろう。むしろ,支配権は投票委員会(の委員)を選出する人々の手中にある傾向があるであろう。・・・投票委員会は,現在の経営陣(経営幹部)が指名するものである以上,経営陣(経営幹部)は,事実上,自分たちの後継者を指図することができるわけである。」(前掲書,pp.86-87)

Chapter 18: The taming of Power, n.17

II

In the first place, 'ownership' is not the same thing as 'control'. If (say) a railway is owned by the State, and the State is considered to be the whole body of the citizens, that does not insure, of itself, that the average citizen will have any power over the railway. Let us revert, for a moment, to what Messrs Berle and Means say about ownership and control in large American corporations. They point out that, in the majority of such corporations, all the directors together usually own only about one or two per cent of the stock, and yet, in effect, have complete control :
'In the election of the board the stock holder ordinarily has trhee alternatives. He can refrain from voting, he can attend the annual meeting and personally vote his stock, or he can sign a proxy transferring his voting power to certain individuals selected by the management of the corporation, the proxy comittee. As his personal vote will count for little or nothing at the meeting unless he has a very large block of stock, the stock holder is practically reduced to the alternative of not voting at all or else of handing over his vote to individuals over whom he has no control and in whose selection he did not participate. In neither case will he be able to exercise any measure of control. Rather, control will tend to be in the hands of those who select the proxy committee. ... Since the proxy comittee is appointed by the existing managementt, the latter can virtually dictate their own successors (* note: op. cit., pp. 86-87.)
1
(掲載日:2018.05.25/更新日: )