(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第15章__累積索引 Contents(総目次)
 

第15章 権力と道徳律, n.16

 私は,本章において,ここまで,実際的道徳について関心を持ってきたが(be oncerned with 実際的道徳について述べてきたが),既に明らかなように,実際的道徳は不十分なものである。おおざっぱに言って,実際的道徳は(現行の)権力者の側に立っているものであり(味方するものであり),革命の場所を与えず(許さず),争いのはげしさを和らげることは何もせず,何らかの新しい道徳的洞察を宣言する予言者のための場所を見つけることはできない(注:the powers that be:権力者。新約聖書ローマ人への手紙第13章1節" Let every soul be subject unto the higher powers. For there is no power but of God: the powers that be are ordained of God."の「存在する権威」に由来する表現)。(そこには)理論上の若干の難問が含まれている(伴っている)。しかし,そのような難問を考察する前に,実際的道徳に対する反対のみがなしとげることができた幾つかのものについて思い出してみよう。

 世界はいくらか福音書(Gospels イエス・キリストの教えと生涯についての人々の証言の記録で,通常は,新約聖書正典であるマタイ,マルコ,ルカ,ヨハネの4つの福音書のこと)に負っている。尤も,もし福音書が(実際あったよりも)もっと影響があったら世界が負ったであろうほどのものではなかったけれども(注:つまり,信者が思うほど実際の影響はそれほどもなかった)。世界は(また),奴隷制女性の(男性に対する)隷従(服従)を非難した人々にも負っている(おかげをこうむっている)。いつかは,戦争及び経済的不正義(不公平)を非難する人々に,世界は何かを負う(おかげを受ける)だろうと期待してもよいかも知れない。18世紀と19世紀においては,世界寛容を唱えた使徒たちのおかげを大いにこうむった。恐らく,世界は,今日の時代よりも,いつかもっと幸福な時代に(幸福の時代が来れば),再び,寛容の使徒のおかげをこうむるであろう(感謝するであろう)。中世の教会,ルネッサンスの君主政治,及び、現在の金権政治の権力に抗する革命は,(社会の)停滞を避けるために必要である。人類には革命及び個人道徳が必要だと認めなければならないが,その時には,問題は,世界を無政府状態に投げこまずに,そうした革命や個人道徳のための場所を見つけ出すことである

Chapter 15: Power and Moral Codes, n.16

I have been concerned hitherto, in this chapter, with positive morality, and, as has become evident, it is not enough. Broadly speaking, it is on the side of the powers that be, it does not allow a place for revolution, it does nothing to mitigate the fierceness of strife, and it can find no place for the prophet who proclaims some new moral insight. Certain difficult questions of theory are involved, but before considering them let us remind ourselves of some of the things that only opposition to positive morality could achieve.
The world owes something to the Gospels, though not so much as it would if they had had more influence. It owes something to those who denounced slavery and the subjection of women. We may hope that in time it will owe something to those who denounce war and economic injustice. In the eighteenth and nineteenth centuries, it owed much to the apostles of tolerance; perhaps it will again in some happier age than ours. Revolutions, against the mediaeval Church, the Renaissance monarchies, and the present power of plutocracy, are necessary for the avoidance of stagnation. Admitting, as we must, that mankind needs revolution and individual morality, the problem is to find a place for these things without plunging the world into anarchy.
1
(掲載日:2018.03.08 /更新日: )