(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『権力』(松下彰良・訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第13章__イントロ索引 Contents(総目次)
 

第13章 組織(体)と個人 n.12


ラッセル英単語・熟語1500
 国家に対する忠誠には,積極的な動機消極的な動機の両方がある。(そこには)郷土愛家族愛とに結びついた要素がある。しかし,これ(これらの要素)は,もしも権力愛外国による侵略の恐怖という(よく似た)双子の動機(twin motives)によって強化されなければ,国家に対する忠誠という形をとることはないであろう。国家間の競争(争い)は,政党間の競争などとは異なり,包括的な競争(争い)である(注:all-in 全て込み込み/ラーメンの全部入りのように)文明世界全体リンドバーグの息子(の一人)の誘拐殺害事件(注:リンドバーグには6人の子供がいたので、the one Lindbergh baby と one が入っていることに注意)に衝撃を受けたが,しかし,そのような行為は,大規模な形で,次の(来るべき)戦争には全くありふれたことであり,英国では我々の収入の四分の一以上をかけてそのため(戦争)の準備をしているのである(注:1932年に起きたリンドバーグ愛児誘拐殺人事件のこと。。アガサ・クリスティの小説『オリエント急行の殺人』の序盤で登場する誘拐事件は本事件を参考にしているとされている)民族国家によって掻き立てられる忠誠(心)のようなものは,国家以外のいかなる組織体も掻き立てることはできない。そうして,国家の主要な活動大規模な殺人行為のための準備である。人々に全体主義国家に耐えさせ,外国の支配に従うくらいならむしろ故郷や子どもたちや我々の文明全体を破滅させる危険をおかさせるものは,この死(破滅)のための組織(愚かな政府/国家)に対する忠誠(心)なのである。個人心理学統治組織とは一つの悲劇的な総合をなしとげたが,我々が無力で,悲惨な目にあわなければ問題点を見いだせないというのであれば,我々も我々の子どもたちも,その(不幸な)総合のために苦しまなければならない(であろう)。

Chapter XIII: Organizations and the Individual, n.12

Loyalty to the State has both positive and negative motives. There is an element which is connected with love of home and family. But this would not take the forms which are taken by loyalty to the State, if it were not reinforced by the twin motives of love of power and fear of foreign aggression. The contests of States, unlike those of political parties, are all-in contests. The whole civilized world was shocked by the kidnapping and murder of the one Lindbergh baby, but such acts, on a vast scale, are to be the commonplaces of the next war, for which we are all preparing, at the cost - in Great Britain - of more than a quarter of our incomg. No other organization rouses anything like the loyalty aroused by the national State. And the chief activity of the State is preparation for large-scale homicide. It is loyalty to this organization for death that causes men to endure the totalitarian State, and to risk the destruction of home and children and our whole civilization rather than submit to alien rule. Individual psychology and governmental organization have effected a tragic synthesis, from which we and our children must suffer if we continue powerless to find an issue except through disaster.
1
(掲載日:2018.01.29 /更新日: )