(本館) z8トップ)/A> (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 権力 第11章
一部の人々の利益のための組織(松下 訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第11章__イントロ索引 Contents(総目次)
 

第11章 組織体の生物学 n.21


ラッセル英単語・熟語1500
 個人の諸欲求は,(似通ったものを)集めて幾つかのグループに分けることができる。欲求の各グループは,若干の心理学者が名付けているところの,「感情(情緒)」を構成する。政治的に重要な感情を(例に)とると,マイホームに対する愛(?)(注:love of home/郷土愛は love for one's hometown),家族愛,祖国愛,権力愛,楽しみに対する愛、その他がある。また,嫌悪感(嫌悪の感情)もある。たとえば,苦痛を恐れる感情,怠けたいという感情,外国人に対する嫌悪感,自分にとって異質な信条に対する憎悪,その他,がある。ある任意の瞬間におけるある人の感情は,その人の性質(人間性),過去の履歴,その人が現在置かれている環境(など)からできあがる複雑な産物である。各々の感情は,多くの人々が単独の時よりも人々が協力した時の方がより満足させることのできるもの(感情)であるかぎり,機会さえあれば,その感情を満足させるための一つあるいはそれ以上の組織体を作り出すであろう。たとえば家族感情をとってみよう。家族感情は,住居,教育,生命保険のための組織体を生み出してきた,あるいは生み出すのを助けてきており,これらのもの(住居,教育,生命保険)は,異なる家族の利益が調和する問題である。しかし,家族感情はまた、現在においてよりも,昔において、一つの家族の利益のために他の家族を犠牲にすることを申し立てる組織(体)も生んできた(注:But it has also -- in the past more than in the present -- given rise to organaizations の 'It' は前後関係からわかるように「家族感情」の意味であり,「家族感情」は良いものも悪いものも生み出してきたという文脈であるが,東宮氏は「'It'(単数形!)」を「組織体」と誤読したために、「しかしながらこのような組織体はまた同時に・・・犠牲にする組織をも生むことになった」と、「住居、教育、生命保険のための組織体(organizasions 複数形!であることに注意)がひどい組織体を生んできたといったひどい訳になってしまっている。)。たとえば、モンタギュー家及びキャビュレット家それぞれの家臣たちの組織体である。王朝国家(注:王朝が支配する国家)もまたこの種の組織であった。貴族政体もまた,若干の家族が社会の他の人々を犠牲にして自分たちの特権を確保しようする組織体である。そういった組織体には,程度の差こそあれ,常に嫌悪の感情が伴っている。たとえば,恐怖心,憎悪,軽蔑,その他,の嫌悪感である。そのような感情が強く意識されている場合は,それらの感情は組織(体)の成長に対する障害となる。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.21

The desires of a individual can be collected into groups, each group constituting what some psychologists call a 'sentiment'. There will be -- to take politically important sentiments -- love of home, of family, of country, love of power, love of enjoyment, and so on; there will also be sentiments of aversion, such as fear of pain, laziness, dislike of foreigners, hatred of alien creeds, and so on. A man's sentiments at any given moment are a complicated product of his nature, his past history, and his present cirmstances. Each sentiment, in so far as it is one which many men can gratify co-operatively better than singly, will, given opportunity, generate one or more organizations designed for its gratification. Take, for example, family sentiment. This has given rise, or has helped to give rise, to organizations for housing, education, and life insurance, which are matters in which the interests of different families are in harmony. But it has also -- in the past more than in the present -- given rise to organaizations representing the interests of one family at the expense of others, such as those of the retainers of the Montagues and Capulets respectively. The dynastic State was an organization of this sort. Aristocracies are organizations of certain families to procure their own privileges at the expense of the rest of the community. Such organizations always involve, in a greater or less degree, sentiments of aversion : fear, hatred, contempt, and so on. Where such sentiments are strongly felt, they are an obstacle to the growth of organizations.
1
(掲載日:2017.11.23 /更新日: )