(本館)  (トップ)  (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『権力』(松下彰良・訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第11章__イントロ索引 Contents(総目次)
 

第11章 組織体の生物学 n.19


ラッセル英単語・熟語1500
 経済組織の規模の成長(拡大)は,マルクス権力の力学に関する彼の見方を示唆した(思いつかせた)。この問題に関して彼の述べたことの多くは当っていることがわかった。しかしそれは,権力衝動にはけ口を与える組織体の全てにあてはまるものであり,ただ単に経済的機能をもった組織体にだけあてはまるものではなかった。組織体の規模の拡大の傾向は,生産においては,どこかの大国(注:some great State: State が単数形であることに注意)とその衛星諸国と同じだけの拡がりをもつトラスト(企業合同)を生じさせてきたが,軍需産業以外では,世界的な規模をもつトラスト(企業合同)の形成にいたることはほとんどなかった(注:当時はまだ,現在のような地球的な広がりを持つ多国籍企業はできていなかった)関税と植民地は,大企業(大財閥)(注:big busiiness 大規模な商取引及びそれを行う大企業)を国家と親密に結びついたものにしていった。経済分野における外国の征服は,当該トラスト(企業合同)が属する国家の軍事力に依存するものとなってきた(注:みすず書房版の東宮訳では nation 国家/国民国家を一貫して「国民」と訳しており,意味がとれなくなってしまっているところが少なくない)大規模な商取引はもはや,限られた程度は別として,昔のような純粋の企業(間)競争という古いやり方で行われるものではない。イタリアとドイツでは,大企業と国家との関係は,民主主義国の場合よりも親密かつ明らかなものであるが,しかし,大企業(大財閥)は、ファシズム下(全体主義体制下)において,イギリスやフランスやアメリカにおいてよりも,国家をより制御/支配していると想像することは間違いであろう。逆に,イタリアとドイツにおいては,国家は,大企業やそれ以外の全てのもの上に最高位のものとして自身をおくために,共産主義に対する恐怖を利用してきた。たとえば,イタリアにおいては,徹底的な資本課税(資本に対する課税)が導入されつつあるが,同一法規のもっとずっと穏やかな形を英国労働党が提出した際,資本家たちの怒り(怒号)を引きおこし,彼らの叫びは完全に成功した(資本課税は撤回された)のである。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.19

The growth in the size of economic organizations suggested to Marx his views on the dynamics of power. Much of what he said on the subject has proved true, but is applicable to all organizations that give an outlet to power-impulses, not only to those that have economic functions. The tendency has been, in production, to give rise to trusts that are coextensive with some great State and its satellites, but seldom, outside the armament industry, to the formation of world-wide trusts. Tariffs and colonies have caused big business to be intimately associated with the State. Foreign conquest in the economic sphere has come to be dependent upon the military strength of the nation to which the trust in question belongs; it is no longer, except to a limited extent, conducted by the old methods of purely business competition. In Italy and Germany the relation between big business and the State is more intimate and obvious than in democratic countries, but it would be a mistake to suppose that big business, under Fascism, controls the State more than it does in England, France, or America. On the contrary, in Italy and Germany the state has used the fear of Communism to make itself supreme over big business as over everything else. For example, in Italy a very drastic capital levy is being introduced, whereas a much milder form of the same measure, when proposed by the British Labour Party, caused a capitalist outcry which was completely successful.
1
(掲載日:2017.11.20 /更新日: )