(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 権力 第7章
個人の国家に対する関係の問題(松下 訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第7章_イントロ索引 Contents(総目次)
 

第7章 革命的な権力 n.22


(四) ロシア革命(続き)

 自由主義の衰退には,技術的及び心理的な多くの原因がある。それらの原因は,戦争技術や,生産技術や,宣伝の便宜の増加,及び,それ自体自由主義の理論の結果であるナショナリズムのなかに,見出すことができる。これらの原因は全て,特に国家が政治的権力だけでなく経済的権力も持っているところでは,政府の権力を大いに増大させてきた。個人の国家に対する関係についての現代の諸問題は新しい問題であり,それはロックやモンテスキュ−が(現在生きていたしても)我々に解決できるようにさせてくれない問題であろう。現代の社会は,18世紀の社会と全く同様に,幸福と繁栄を維持し続けるべきものだとしたら,個人が発議権(自発性)をもてるような何らかの領域を必要とする。しかし,その領域は,全く新しく定義されなければならないのであり,新しい方法によって保護されなければならない。

Chapter VII: Revolutionary Power, n.22

IV. The Russian Revolution.(continued.)

The decay of Liberalism has many causes, both technical and psychological. They are to be found in the technique of war, in the technique of production, in the increased facilities for propaganda, and in nationalism, which is itself an outcome of Liberal doctrines. All these causes, especially where the State has economic as well as political power, have immensely increased the power of governments. The problems of our time, as regards the relation of the individual to the State, are new problems, which Locke and Montesquieu will not enable us to solve. A modern community, just as much as those of the eighteenth century, requires, if it is to remain happy and prosperous, a sphere for individual initiative, but this sphere must be defined afresh, and safeguarded by new methods.
(掲載日:2017.08.30/更新日: )