(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第7章_革命的な権力_累積索引 Contents(総目次)
 

第7章 革命的な権力 n.7

 けれども,まもなく,アンブロジウス大司教殉教などをまったく恐れる必要がないことが明らかとなった。彼が(キリスト教)公会議に召喚された時,彼には彼を支持する膨大な数の怒った群衆がつき従っており,彼らは(皇帝の)宮殿に侵入して恐らく皇后と王子を殺害するだろうと威嚇した。ゴート人の傭兵たちは,(異端派の)アリウス派ではあったが,あまりにも神聖なこのアンブロジウス大司教に対抗することに躊躇し,また,皇后は革命を避けるために譲歩を強いられた。
ヴァレンティニアヌス(未成年の王子)の母(注:摂政)は,アンブロジウスの勝ち誇るさまを許すことができなかった。また,王子は,自分の家臣たちが自分を裏切り無礼な僧侶の手に自分を引き渡そうとしている、と激しい叫び声を発した。」(「同書」から)
 翌年(紀元386年),皇后は再度アンブロジウスを打ち負かそうとした。(即ち)アンブロジウスに対して追放の勅令が発せられた。しかし,アンブロジウスは大聖堂に避難し,そこで彼は,日夜,忠実な信者や教会の恵みを受けている人々に支援を受けた。彼は,こうした人々を覚醒したままにするために,「ミラノの教会に,大声で,定期的に,賛美歌を合唱するという有益な制度を導入した。」 彼の信奉者たちの熱意は(いろいろな)奇跡によって強化され,ついには,「弱きイタリアの皇帝は天の寵愛を受けた人間(アンブロジウス)と争うことは出来ないと気づいた」(のである)。

Chapter VII: Revolutionary Power, n.7

It soon appeared, however, that he had no need to fear martyrdom. When he was summoned before the Council, he was followed by a vast and angry mob of supporters, who threatened to invade the palace and perhaps kill the Empress and her son. The Gothic mercenaries, though Arian, hesitated to act against so holy a man, and to avoid revolution the Empress was obliged to give way. "The mother of Valentinian could never forgive the triumph of Ambrose; and the royal youth uttered a passionate exclamation, that his own servants were ready to betray him into the hands of an insolent priest" (ibid.).

In the following year (386) the Empress again attempted to overcome the Saint. An edict of banishment was pronounced against him. But he took refuge in the cathedral, where he was supported, day and night, by the faithful and the recipients of ecclesiastical charity. To keep them awake, he "introduced into the church of Milan the useful institution of a loud and regular psalmody." The zeal of his followers was further reinforced by miracles, and in the end "the feeble sovereign of Italy found himself unable to contend with the favourite of heaven."

(掲載日:2017.08.12 /更新日: )