(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第6章_イントロ累積索引 Contents(総目次)
 

第6章 むきだしの権力 n.11

 かつては,ギリシアの独立が失われたことを嘆き悲しみ,ギリシア人は皆ソロンやソクラテス(のような人たちばかりであった)と考えるのが,普通であった。(だが)ローマの勝利を嘆く理由がいかに少なかったかは,(ギリシアが領有していた)シシリー(シチリア)の歴史を見れば理解できるであろう。私はむきだしの権力の例として,アレクサンダー大王と同時代の人で,紀元前361年から紀元前289年まで生き,死ぬまでの最後の28年間シラクサの僭主であったアガソクレスの生涯ほど,適切なものを他にまったく知らない。
 シラクサ(注:シチリア島南東部に位置する都市)(古代)ギリシアの都市のうち最大のもので,おそらく地中海地方最大の都市であったであろう。その唯一の競争相手カルタゴであり,どちらかが敗北した後の短期間を除いて,両者の間では常に戦闘が行われていた。シシリー(シチリア)以外のギリシア都市は,政党政治の(情勢の)変化に従って,(ある時は)シラクサの味方をしたり,(またある時は)カルタゴの味方をしたりした。どの都市においても,金持寡頭政治に好意を示し(賛成し),貧乏人民主主義に好意をしめした(賛成した)。民主主義の一派が勝利すると,通例,彼らの指導者は自らを僭主とするのに成功した。敗者の多くは追放され,自分の一派が勢力を持っている都市の軍隊に加わった。しかし,軍隊の大部分は傭兵から成っており,こうした傭兵はギリシア人以外の者たちであった。
       

Chapter VI: Naked Power, n.11

It used to be customary to lament the loss of Greek independence, and to think of the Greeks as all Solons and Socrateses. How little reason there was to deplore the victory of Rome may be seen from the history of Hellenic Sicily. I know no better illustration of naked power than the career of Agathocles, a contemporary of Alexander the Great, who lived from 361 to 289 B.C. (361B.C. to 289 B.C.), and was tyrant of Syracuse during the last twenty-eight years of his life.

Syracuse was the largest of Greek cities, perhaps the largest city in the Mediterranean. Its only rival was Carthage, with which there was always war except for a short time after a serious defeat of either party. The other Greek cities in Sicily sided sometimes with Syracuse, sometimes with Carthage, according to the turns of party politics. In every city, the rich favoured oligarchy and the poor favoured democracy ; when the partisans of democracy were victorious, their leader usually succeeded in making himself a tyrant. Many of the beaten party became exiles, and joined the armies of those cities in which their party was in power. But the bulk of the armed forces consisted of mercenaries, largely non-Hellenic.
(掲載日:2017.07.08/更新日: )