(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第6章_イントロ累積索引 Contents(総目次)
 

第6章 むきだしの権力 n.10

 ギリシア史は,スパルタは例外として,古代ギリシアにおいては伝統の影響が驚くほど弱かったという点で特異である。さらに,古代ギリシアには政治道徳はほとんどなかった(という点でも特異であった)。ヘロドトスは(も),スパルタ市民賄賂(をもらうこと)に抵抗できる者はまったくいなかった,と述べている。ギリシア全土を通じて,ペルシヤ王から賄賂をもらったということで政治家に異議を唱えても無駄であった。なぜなら,彼(自分)の政敵も,もし買収するだけの価値をもつほど権力を持つようになれば,やはり(同じように)賄賂をとったからである。その結果いたるところで,個人的な権力の奪い合い(争奪戦)が起こり,その争奪戦は,収賄路上での喧嘩暗殺によってなされた(conducted by 指揮された)。このような事柄においては,ソクラテスやプラトンの友人たちは,最も無節操な者であった。最終的な結果は,誰もが予見できたように,外国の強国による(ギリシアの)征服であった。

Chapter VI: Naked Power, n.10

Greek history is peculiar in the fact that, except in sparta, the influence of tradition was extraordinarily weak in Greece ; moreover there was almost no political morality. Herodotus states that no Spartan could resist a bribe. Throughout Greece, it was useless to object to a politician on the ground that he took bribes from the King of Persia, because his opponents also did so if they became sufficiently powerful to be worth buying. The result was a universal scramble for personal power, conducted by corruption, street fighting, and assassination. In this business, the friends of Socrates and Plato were among the most unscrupulous. The final outcome, as might have been foreseen, was subjugation by foreign Powers.

(掲載日:2017.07.07/更新日: )