(本館) (トップ)  (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『権力』(松下彰良・訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第5章_イントロ索引 Contents(総目次)
 

第5章 王権 n.4

 初期の(原始時代の)族長(部族長)が発達して歴史上の王(注:歴史に名前をとどめている王)になっていった段階がどのようなものであったにせよ,エジプトとバビロニアにおいては,歴史的記録が存在している最も初期の段階でこの過程は既に完了していた。大ピラミッドは,西暦紀元前三千年以前に建設されたと考えられており,その建設は臣民(臣下)に対する絶大な権力を持っている君主のみが可能なことであったであろう。この時期のバビロニアには多くの王がいたが,エジプトの領土に匹敵する領土をもっているもの(王)は一人もいなかった。しかし,彼らは自分の領地においては完璧な支配者であった。紀元前三千年紀(注:the third millennium B.C. 西暦による紀元前3000年から紀元前2001年までを指す千年紀(ミレニアム))の末よりも前(注:つまり紀元前2001年よりも前のハンムラビ大王の時代)ハンムラビ大王(前2123−2081)に至り,彼は王が為すべきことをすべて行った。彼は彼の法典(注:ハンムラビ法典)で最もよく知られているが,この法典は,太陽神から授けられたものであり,また,中世の君主がかつて一度も為しえなかったもの,つまり教会裁判所俗界の民事裁判所の下におくことに成功したことを示している。しかし,ハンムラビ大王は,(ハンムラビ法典だけでなく)兵士としても,また,技術者としても名高い。愛国詩人(たち)はハンムラビ王による征服(の数々)を讃えて次のように詠っている。
常に強大な力を示してきた,
勇猛な戦士ハンムラビ王
戦いにおいてはまさに嵐のごとく敵を打ち倒し,
敵の土地を掃討し,
戦いを無に帰し,
反逆を抑え、
悪意を抱く者どもを
土人形のごとく打ち倒し,
奥深い丘の険しい坂道を切り開いた。

Chapter V: Kingly Power, n.4

Whatever may have been the stages by which the primitive chief developed into the historical king, the process was already completed in Egypt and Babylonia at the earliest period of which records exist. The Great Pyramid is considered to have been built before 3000 B.C., and its construction would only have been possible for a monarch possessed of immense power over his subjects. Babylonia, at this period, had a number of kings, none having a territory comparable to that of Egypt; but they were very completely rulers in their respective areas. Before the end of the third millennium B.C. we reach the great king Hammurabi (2123-2081 B.C.), who did all the things that a king should do. He is best known by his code of laws, which was given to him by the sun-god, and shows that he succeeded in achieving what mediaeval monarchs never could do, namely, subordinating ecclesiastical to civil courts. But he was also distinguished as a soldier and as an engineer. Patriotic poets sang the praises of his conquests:
For all time he his mighty strength hath shown,
The mighty warrior, Hammurabi, king,
Who smote the foe, a very storm in battle.
Sweeping the lands of foemen, bringing war to nought,
Giving rebellion surcease, and destroying,
Like dolls of clay, malignants, hath laid open
The steeps of the impenetrable hills.
(掲載日:2017.06.16 /更新日: )