(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第4章_イントロ累積索引 Contents(総目次)
 

第4章 聖職者(僧侶)の権力 n.3

 リヴァーズによれば,メラネシアでは,大部分において,病気を治療する者は,魔術師(sorcerer)か聖職者(僧侶)である(とのことである)。これらの地方では,見たところ,呪術医と呪術以外の者との間にはあまりはっきりとした区別は存在しておらず,いくつかのより簡単な治療法であれば誰でもやるのかも知れない。しかし,
医療行為魔術的あるいは宗教的な儀式とを結びつける人々は,通例、秘伝の伝授(initiation)あるいは教授(instruction 教育指導)のいずれかの特別な手続きによってそれらの技術を習得する。また,メラネシアでは,そういった知識は常に買われなければならなかった。魔術医あるいは宗教医の技術のいかなる分野(部門)における最も完全な教授(instruction 教育指導)は,生徒から教授者(インストラクター)にお金が渡されなければ生徒には何の役にもたたない(効力が生まれない)(のである)。」(原注:同書 p.44)
 そのような(医療にあたる者の)起源(始まり)から,より重要な魔力や信仰の力の聖職者(僧侶)の独占とともに,また,その結果,社会に対して非常に大きな権威を携えて,はっきりした聖職者(僧侶)のカースト制度が発達していくこと(発達すること)を想像するのは容易である(想像に難くない)。エジプトとバビロニアにおいては,聖職者(僧侶)の権力の方が,王の権力よりも -両者の権力が闘った時- 大きいことが証明された。聖職者(僧侶)たちは,「無神論者」のイクナートン王(注:アメンホテプ4世)を打ち負かした。また,彼らの故国の王が反教権主義(anti-clericalism)の傾向を示したという理由で,王を裏切って,キュロス(注:Cyrus ぺルシヤ帝国の建設者であるキュロス2世のこと)のバビロン征服に手を貸したように思われる。

Chapter IV: Priestly Power, n.3

In most parts of Melanesia, according to Rivers, the man who cures diseases is the sorcerer or priest. There is not apparently, in these regions, a very clear differentiation between medicine-men and others, and some of the simpler remedies may be used by anyone. But
Those who combine the practice of medicine with that of magical or religious rites usually acquire their art by a special process, either of initiation or instruction, and in Melanesia such knowledge has always to be purchased. The most complete instruction in any branch of medico-magical or medico-religious art is of no avail to the pupil unless money has passed from himself to his instructor. (note: Rivers, Medicine, Magic, and Religion, p. 44)
From such beginnings it is easy to imagine the development of a definite priestly caste, with a monopoly of the more important magical and religious powers, and consequently with great authority over the community. In Egypt and Babylonia their power proved itself greater than that of the king when the two came into conflict. They defeated the "atheist" Pharaoh Ikhnaton,(note: or Akhnaton) and they seem to have treacherously helped Cyrus to conquer Babylon because their native king showed a tendency to anti-clericalism.


(掲載日:2017.05.11/更新日: )