(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第3章_イントロ累積索引 Contents(総目次)
 

第3章 権力の形態 n.10

 我々の主題についてのもう一つの区分(区別)は,組織の持つ権力個人の持つ権力との間にあるもの(区分)である。一つの組織が権力を獲得する方法と,個人が組織の中で権力を獲得する方法とは,全く別の事柄である。この二つは,もちろん,相互に関係を持っている。(即ち,)もしあなたが総理大臣(首相)になりたければ,まずあなたはあなたが属する政党の中で権力を獲得しなければならないし,あなたの政党は,国民(国家)の中で権力を獲得しなければならない。しかし,もしあなたが世襲原則主義が衰える前(の時代)に生きていたとしたら,あなたは,国民の政治的支配を獲得するのためには,どうしても王の相続者(継承者)でなければならなかったであろう。けれども,王の継承者であることは(だけでは),あなたが他の諸国民を征服することを可能にはしないだろう。そのためには,王の後継者にしばしば欠けている資質を必要としただろうからである。現代において,これと似た状況は,経済の領域にいまだ存在しており,経済界(経済の領域)では、財閥(富豪階級)は,大部分,世襲(制)である。フランス社会党が敵対的に論議している200のフランスの財閥家のことを考えてみるとよい。だが,財閥の間での王朝(注:時々に,力のある財閥が国家を支配する体制)は,かつて王位において持っていたのと同程度の永続性を有していない。なぜなら,財閥家(富豪階級)の者たちは,王権神授説(注:支配者の権力は神から授かったものであるという考え方)を広範な国民に受け入れさせることができなかったからである。新興の金融の大立者(注:a rising financial magnate)が,息子に生れたからというだけで大立者にいる者を,貧乏にした(没落させた)としても,もしそれが規則に従い,また,破壊的な革新を(社会に)もたらすというようなことがなければ,それを不敬だとは誰も考えない(のである)。

Chapter III: The Forms of Power, n.10

Another division of our subject is between the power of organizations and the power of individuals. The way in which an organization acquires power is one thing, and the way in which an individual acquires power within an organization is quite another. The two are, of course, interrelated : if you wish to be Prime Minister, you must acquire power in your Party, and your Party must acquire power in the nation. But if you had lived before the decay of the hereditary principle, you would have had to be the heir of a king in order to acquire political control of a nation ; this would, however, not have enabled you to conquer other nations, for which you would have needed qualities that kings' sons often lack. In the present age, a similar situation still exists in the economic sphere, where the plutocracy is largely hereditary. Consider the two hundred plutocratic families in France against whom French Socialists agitate. But dynasties among the plutocracy have not the same degree of permanence as they formerly had on thrones, because they have failed to cause the widespread acceptance of the doctrine of Divine Right. No one thinks it impious for a rising financial magnate to impoverish one who is the son of his father, provided it is done according to the rules and without introducing subversive innovations.

(掲載日:2017.04.18/更新日: )