(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第3章_イントロ累積索引 Contents(総目次)
 

第3章 権力の形態 n.6

 このことから(このような考察から),私たちは,伝統的な権力新興の権力との間に存在する重要な区別に気づく。伝統的な権力習慣の力を味方に(on its side 自分の側に)している。伝統的な権力(の側)は,絶えず,自分たちを正当化する必要はないし(正当であると主張あるいは証明する必要はないし),伝統的権力を覆すほど強力な敵はまったく存在しないということを絶えず証明しなければならないということもない。さらに,伝統的な権力は,反抗(抵抗)は邪悪であるということを示すと主張する宗教的あるいは準宗教的な信念と,ほとんど変わることなく,結びついている。従って,伝統的な権力は,革命時の権力や強奪された権力(usurped power)が可能であるよりも,ずっと大きな度合いまで,世論に頼ることができる(のである)。このことから,(可能性として)多少とも 正反対の結果が二つある。(即ち)一方では,伝統的な権力は,自分は安泰だと感じているので,反逆者を監視することはなく,また,あまり積極的な政治的暴政を行うことは避けそうである。逆に,古い制度が依然として残っているところでは,権力者がともすれば陥りがちな不正は大昔からの慣習の是認を受けており,従って人民(大衆)の支持を勝ち得ようと望む新しい形態の政府の下でありそうであるものよりも,ずっと目立つものである可能性がある。フランスの恐怖政治時代革命的な類の暴政をよくあらわすものであり,コルヴェ(注:強制労役。フランス革命前に封建領主が課した税金代りの強制労働)伝統的な類の暴政を例証している。


Chapter III: The Forms of Power, n.6

This brings us to a very necessary distinction, between traditional power and newly acquired power. Traditional power has on its side the force of habit; it does not have to justify itself at every moment, nor to prove continually that no opposition is strong enough to overthrow it. Moreover it is almost invariably associated with religious or quasi-religious beliefs purporting to show that resistance is wicked. It can, accordingly, rely upon public opinion to a much greater degree than is possible for revolutionary or usurped power. This has two more or less opposite consequences : on the one hand, traditional power, since it feels secure, is not on the look-out for traitors, and is likely to avoid much active political tyranny ; on the other hand, where ancient institutions persist, the injustices to which holders of power are always prone have the sanction of immemorial custom, and can therefore be more glaring than would be possible under a new form of government which hoped to win popular support. The reign of terror in France illustrates the revolutionary kind of tyranny, the corvée the traditional kind.


(掲載日:2017.04.13/更新日: )