(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『権力』(松下彰良・訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第2章_イントロ累積索引 Contents(総目次)
 

第2章 指導者と追従者 n.6


楽天で購入(画像クリック)

 組織体は,(種々の)危険に対処する目的のために立案設計されることもあれば,そうでないこともある。経済組織は,炭鉱のように,危険を伴っている場合があるが,そうした危険は偶発的に起こるものであり,もしそれらの危険が除去されるならば,組織体はそれだけいっそう栄えるであろう。一般的に言って,危険に対処するということは,決して経済組織の必須の目的の一部をなすものではないし,内政問題に(のみ)関わる政治組織の不可欠な目的の一部をなすものでもない。だが,救命ボートや消防隊(fire-brigades)が,陸海軍と同様に,危険に応ずるために設けられる。もっと間接的な意味においてであるが,そのようなことは宗教団体についても言うことができ(真実であり),宗教団体は,ひとつには,人間性に深く埋もれている形而上学的な恐怖心を静めるために存在している(のである)。そのことに疑問を抱きがちな人がいれば,その人は次のような讃美歌について考えてみるとよい。
(注:下の賛美歌の訳は,厳密なものではありません。)
千年(ちとせ)の岩よ 我が身をかこめ
あるいは,
我が魂を 愛するイエスよ
波は逆巻き 大嵐が吹き荒れて
(沈むつつある 我が身を守り)
(あま)の港に 導きたまえ
 神の意志への服従には究極の安心感があり,それは,単なる地上的な存在に服従することができない多くの君主における信仰上の卑下(注:教会に屈すること)に導いたのである(注:「カノッサの屈辱」などを言うのであろうか?)。他の人の意志や上位の力などに進んで従う特性(submissiveness)は全て恐怖に根ざすものであり,我々(人)が服従する指導者が人間であろうと神であろうと,変わりはない(のである)。

Chapter II: Leaders and followers, n.6

Organizations may or may not be designed for the purpose of meeting dangers. Economic organizations in some cases, such as coal mines, involve dangers, but these are incidental, and if they were eliminated the organizations would flourish all the better. In general, meeting dangers is no part of the essential purpose of economic organizations, or of governmental organizations concerned with internal affairs. But life-boats and fire-brigades, like armies and navies, are constructed for the purpose of meeting dangers. In a certain less immediate sense, this is also true of religious bodies, which exist in part to allay the metaphysical fears that are buried deep in our nature. If anyone feels inclined to question this, let him think of such hymns as :
Rock of Ages, cleft for me,
Let me hide myself in thee;
or
Jesu, lover of my soul,
Let me to thy bosom fly,
While the gathering waters roll,
While the tempest still is high.
In submission to the Divine Will there is a sense of ultimate safety, which has led to religious abasement in many monarchs who could not submit to any merely earthly being. All submissiveness is rooted in fear, whether - the leader to whom we submit be human or divine.

(掲載日:2017.03.14/更新日: )