9 ラッセル教育論 知性の教育_14歳以前のカリキュラム OE15-05
(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 教育論
子供に人類の歴史を教える(松下 訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) Chap. 15 Index< Contents(目次)

第三部_知性の教育_第15章_14歳以前のカリキュラム(OE15-050)


ラッセル著書解題
 私は,まず,以上のテーマの実例をいろいろあげたい。そうして,テーマそのものに関する説明は,仮にするとしても,あとに回したい。私は,(子供に,)未開人が寒さで縮こまり,大地の収穫物(fruits 複数形の場合)を生のままかじっているところを(絵などで)見せたい。また,火の発見及びその影響について示したい。これに関連して,プロメテウスの物語をするのも適切であろう。(注:ギリシア神話の神で、ゼウスの反対を押し切って天界の火を盗んで人類に与えた。朝日新聞の連載記事(「プロメテウスの罠」)におけるプロメテウスは「原子力」(=福島原発の火)を示している。)(また)私は,ナイル河流域における農業の始まりや,羊や牛や犬の家畜化について示したい。カヌー(丸木船)から世界最大の定期船に至る船の発達や,穴居人の集落からロンドンやニューヨークに至る都市の発達について語りたい。文字や数字が次第に発達したことを説明したい。ギリシアの短期間の輝き(注:内容面),ローマの拡大した(支配地の)雄大さ,その後の暗黒時代(中世),そうして科学の勃興について語りたい。こういうことは全て,ごく幼い子供たちにも,詳しく興味深く話してあげることができる。私は,戦争や迫害や残虐行為について沈黙を守ることはしないが,軍事的な征服者を賞賛するようなこともしない。私が歴史を教えるとき,真の征服者とは,人間の内と外の暗闇を追い払うために力を尽くした人たち,たとえば,仏陀やソクラテス,アルキメデス,ガリレオ,ニュートン,その他,私たちが自分自身と自然とを支配するように手助けしてくれた全ての人たちのことである。そうして,私は,人類には(この世の)主人としての輝かしい運命が用意されているという観念を(子供に)植えつけたい。私たちが戦争やその他の先祖返り的な愚行に立ち戻るならばこの観念に背くことになり,一方,人類による支配を高めるものをこの世にもたらしたときにのみこの観念に忠実であることになる。
さm (Pt. 3: Intellectual education)
Chap.15 The school curriculum before fourteen (OE15-050)

I should give first the illustrations of this theme, and only afterwards, if ever, the theme itself. I should show savage man cowering in the cold, gnawing the raw fruits of the earth. I should show the discovery of fire, and its effects ; in this connection, the story of Prometheus would be in place. I should show the beginnings of agriculture in the Nile Valley, and the domestication of sheep and cows and dogs. I should show the growth of ships from canoes to the largest liners, and the growth of cities from colonies of cave-dwellers to London and New York. I should show the gradual growth of writing and of numerals. I should show the brief gleam of Greece, the diffused magnificence of Rome, the subsequent darkness, and the coming of Science. The whole of this could be made interesting in detail even to very young children. I should not keep silence about wars and persecutions and cruelties, but I should not hold up military conquerors to admiration. The true conquerors, in my teaching of history, should be those who did something to dispel the darkness within and without --Buddha and Socrates, Archimedes, Galileo and Newton, and all the men who have helped to give us mastery over ourselves or over nature. And so I should build up the conception of a lordly splendid destiny for the human race, to which we are false when we revert to wars and other atavistic follies, and true only when we put into the world something that adds to our human dominion.

(掲載日:2015.07.06/更新日: )