9 ラッセル教育論/第12章 性教育(OE12-020)- Bertrand Russell のページ
(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル教育論』(松下彰良・訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) Chap. 12 Index Contents(目次)

第二部_性格の教育_第12章_性教育(OE12-020)


Bertrand Russell Quotes 366
 (性教育に関する)問題を年齢順にとりあげるならば,母親や保母が最初に直面するのは,自慰の問題である。有能な権威筋によれば,自慰の行為は,生後2年目及び3年目の男女にほぼ一般的に見受けられるが,通例はしばらくするとびとりでにやむ。時には,何らかのはっきりした身体的な刺激によっていっそう目立ってくることがあるが,そういう刺激は取り除くことができる。(原注:医学的な細かい点に立ち入ることは私の領分ではない。)しかし,自慰行為は,通常,そういう特別な理由がなくても行なわれる。 従来は,自慰を恐怖の目でながめ,それをやめさせるために,恐怖の念を起こさせるおどしをするのが習わしであった。そういうおどしは,効き目があるとされてはいるけれども,一般的に言って,成功しない。その結果,子供は,激しい不安の中に生きるようになる。やがて,その不安は,もとの原因から引き離される(今や無意識に追いやられる=抑圧される)が,(影響も消えるわけではなく)悪夢や,神経過敏や,妄想や,気違いじみた恐怖を生み出すことになる。幼児の自慰は,ほうっておいても,明らかに,まったく健康に悪い影響を及ぼすことはなく(原注:ごくまれに,少し害になることがあるが,それは容易に治せるし,親指をしゃぶる結果と同様,深刻なものではない。),性格にも目につくような悪い影響を及ぼすものでもない。この二つの点で従来見受けられた悪い影響は,まったく,自慰をやめさせようとすることにその原因があるように思われる。仮に自慰が有害だとしても,守られそうもない禁止命令を出すことは賢明ではない。また,ことの性質上,子供に自慰を禁じた後,子どもが自慰を必ずやめるかどうかを確かめることは不可能である。そのままほっておけば,この習慣はほとんどすぐになくなる可能性が高い。しかし,もし何かをすれば,ますますやむ見込みが少なくなる上に,恐ろしい神経障害の原因を作ることになる。それゆえ,難しいかも知れないが,このことに関しては,子供をほうっておくべきである。私は何も,禁止以外の方法で役に立つものがあっても控えるべきだ,と言っているのではない。子供が目をさましたまま長いこと横になっていることのないように,眠くなってから寝かせるのがよい。ベッドの中で何かお気に入りのおもちゃを持たせてやれば,子供の注意が紛れるかもしれない。そういった方法は,まったく異議のないものである。しかし,たとえそれがうまくいかないとしても,禁止という手段を用いてはいけないし,子供がその行為にふけっているということに注意を促すことさえしてはいけない。そのようにすれば,たぶん,自慰行為はひとりでにやむであろう。
(Pt.2 Education of Character)
Chap.12 Sex education (OE12-020)

Taking our problems in chronological order, the first that confronts mothers and nurses is that of masturbation. Competent authorities state that this practice is all but universal among boys and girls in their second and third years, but usually ceases of itself a little later on. Sometimes it is rendered more pronounced by some definite physical irritation which can be removed. (It is not my province to go into medical details.) But it usually exists even in the absence of such special reasons. It has been the custom to view it with horror, and to use dreadful threats with a view to stopping it. As a rule these threats do not succeed, although they are believed ; the result is that the child lives in an agony of apprehension, which presently becomes dissociated from its original cause (now repressed into the unconscious), but remains to produce nightmares, nervousness, delusions, and insane terrors. Left to itself, infantile masturbation has, apparently, no bad effect upon health (note: In very rare instances it does a little harm, but this is easily cured and is not more serious than the results of thumb-sucking), and no discoverable bad effect upon character; the bad effects which have been observed in both respects are, it seems, wholly attributable to attempts to stop it. Even if it were harmful, it would be unwise to issue a prohibition which is not going to be observed ; and from the nature of the case it is impossible to make sure that the child will not continue after you have forbidden him to do so. If you do nothing, the probability is that the practice will soon be discontinued. But if you do anything you make it much less likely that it will cease, and you lay the foundation of terrible nervous disorders. Therefore, difficult as it may be, the child should be let alone in this respect. I do not mean that you should abstain from methods other than prohibition, in so far as they are available. Let him be sleepy when he goes to bed, so that he will not lie awake long. Let him have some favourite toy in bed, which may distract his attention. Such methods are quite unobjectionable. But if they fail, do not resort to prohibition, or even call his attention to the fact that he indulges in the practice. Then it will probably cease of itself.

(掲載日:2015.05.24/更新日: )