9 バートランド・ラッセル 教育論 第9章 罰 OE09-08
(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 教育論 第9章
残酷さを身に着けてしまったら(松下 訳)

Bertrand Russell On Education, 1926

前ページ(Back)  次ページ(Forward) Chap. 9 Index Contents(目次)

第二部_性格の教育_第9章_罰(OE09-080)


Bertrand Russell Quotes 366
(親が)できるかぎり努力したにもかかわらず,(子どもが)大きくなってから重大な残酷さが出てきた場合は,問題をきわめて深刻に受け止め,一つの病気であるかのように取り扱わなければならない。(残酷なことをした)子供を罰する時には,あたかも麻疹(はしか)にかかったときのように,不愉快なことが彼の身の上にたまたま起こっているという意味合いで罰するべきであり,自分は悪い人間だという気持ちにさせるべきだという意味合いで罰するのではない。しばらくの間,彼をほかの子供や動物から引き離しておかなければならない。そうして,彼らと付きあうのは安全ではないのだ,と説明してあげなければならない。自分が(同じような)残酷な仕うちをされたらどんなに苦しむかということを,できるだけ実感するようにしてあげなければならない。残酷さへの衝動という形で,大きな不幸が彼の身の上に降りかかってきたのであり,年長者たちは将来同じような不幸が彼に降りかからないように努力しているのだ,というふうに彼に感じさせなければならない。こういった方法は,少数の病的な事例を除いて,あらゆる場合にまちがいなく成功する,と私は信じている。
(Pt.2 Education of Character)
Chap.9 Punishment (OE09-080)

If, in spite of all your efforts, grave cruelty develops at a later age, the matter must be taken very seriously, and dealt with like an illness. The boy should be punished in the sense that unpleasant things should happen to him, just as they do when he has measles, but not in the sense that he should be made to feel wicked. He should be isolated for a while from other children and from animals, and it should be explained to him that it is not safe to let him associate with them. He should be made to realize, as far as possible, how he would suffer if he were cruelly treated. He should be made to feel that a great misfortune had befallen him in the shape of an impulse to cruelty, and that his elders were endeavouring to shield him from a similar misfortune in the future. I believe that such methods would be completely successful in all except a few pathological cases.

(掲載日:2015.04.29/更新日: )