(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward)  前ページ(Back) Chap. 4(第4章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第4章 恐怖心(OE04-120)


 さて(次に),純粋に身体的とはいえない勇気をとりあげよう。これらは勇気の重要な形であるが,より基本的な勇気を踏まえなければ十分に伸ばすことは難しい。
 神秘的なもの(得体のしれないもの)に対する恐怖は,すでに子供の恐怖に関連して,触れている。私は,この恐怖は本能的なものであり,歴史的に見てきわめて重要であると信じている。大部分の迷信は,この恐怖によるものである。日蝕及び月蝕,地震,疫病,その他この種の出来事が,非科学的な人びとの間に大いに迷信をはびこらせた。迷信は,個人的にも社会的にも,非常に危険な恐怖の形である。だから,若いころにそれを根絶することは大いに望ましい。迷信に対する適切な解毒剤は,科学的な説明である。最初見て神秘的にみえるものをすべて説明してあげなくてもよい。何回かしっかりした説明が与えられれば,子供は他の場合にも説明がつくと考えるようになり、また,(説明できるはずだが)説明はまだつかないのだと教えることも可能になるだろう。重要なことは,神秘感はただ単に無知によるものであり忍耐と知的な努力によってなくすことのできるものだという感情を,できるだけ早く持たせることである。初め神秘的な性質のために子供をこわがらせていたものが,恐怖を克服するや否や,子供を喜ばせるようになるのは,注目に値する事実である。このように,神秘は,迷信を助長しなくなるやいなや,研究への刺激となる。私の小さな息子は,三歳半のときに,何時間もひとりで夢中になって庭の水まき機を研究し,とうとう,どんな具合に水がはいって空気が出ていくか,また,どんな具合に反対の過程が起こるか理解した。日蝕や月蝕も,ごく幼い子供にもわかるように説明することができる。子供がこわがるものであれ,興味を持つものであれ,説明できるものは何でも説明してあげるべきである。そうすれば,恐怖は形を変えて科学的な興味・関心となる。その変化の過程は,まったく本能の線に沿ったものであり,人類の歴史をくりかえすものである。
(Pt.2 Education of Character)
Chap. 4: Fear (OE04-120)

I come now to the forms of courage that are not purely physical. These are the more important forms, but it is difficult to develop them adequately except on a foundation of the more elementary kinds.
The fear of the mysterious has been already touched upon, in connection with childish terrors. I believe this fear to be instinctive, and of immense historical importance. Most superstition is due to it. Eclipses, earthquakes, plagues, and such occurrences, arouse it in a high degree among unscientific populations. It is a very dangerous form of fear, both individually and socially ; to eradicate it in youth is therefore highly desirable. The proper antidote to it is scientific explanation. It is not necessary that everything which is mysterious at first sight should be explained., after a certain number of explanations have been given, the child will assume that there are explanations in other cases, and it will become possible to say that the explanation cannot be given yet. The important thing is to produce, as soon as possible, the feeling that the sense of mystery is only due to ignorance, which can be dispelled by patience and mental effort. It is a remarkable fact that the very things which terrify children at first by their mysterious properties delight them as soon as fear is overcome. Thus mystery becomes an incentive to study, as soon as it ceases to promote superstition. My little boy, at the age of three and a half, spent many hours in absorbed solitary study of a garden syringe, until he had grasped how the water came in and the air came out, and how the converse process occurred. Eclipses can be explained so as to be intelligible even to very tiny children. Whatever either terrifies or interests the child should be explained if it is at all possible ; this transforms fear into scientific interest by a process which is entirely along the lines of instinct and repeats the history of the race.

(掲載日:2015.03.3/更新日: )