(本館)  (トップ)  (分館)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


『ラッセル教育論』(B. Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 2(第2章) Index Contents(目次)
* 右上イラスト:第56回「ラッセルを読む会」案内状イラスト
第一部 教育の理想
 第2章 教育の目的(承前:OE02-210)


 '勇気'は,肉体上の英雄的資質と同様に,'知的誠実さ'にとっても,不可欠である。現実の世界は,私たちがそうであると思いたい世界よりも,もっと未知なものである。生まれた最初の日から,私たちは根拠のあやふやな帰納(推理)を行ない,(自分の)'心の習慣'を自分をとりまく'自然法則'と取り違える(混同する)あらゆる種類の知的体系−−(たとえば)キリスト教,社会主義,愛国主義など−−は,孤児院のように,服従のお返しに'安心感'を与えようと待ち構えている。自由な精神生活は,何らかの信条(教義)に包まれた生活のように,暖かく,快適で,愛想のよいものではない。外で冬の嵐が吹きすさんでいる間は,信条のみが,ヌクヌクとした炉端にいる感情を与えてくれる。
 このことは,私たちに,よい生活のためにはどの程度まで集団から解放されているべきかというやや難しい問題をもたらす。私は,「集団本能」という語句を使うことにためらいを感じる。なぜならそれは適切な語句かどうかについて,いろいろ議論があるからである。しかし,どのように解釈するとしても,この語句によって記述されている現象はお馴染みのものである。私たちは,協力したいグループだと感じている人々−たとえば,自分の家族,隣人,同僚,支持政党,国民−−とは仲良くやっていきたいと望む。これは人間の本性に則したものである。なぜなら,協力なしには人生のいかなる喜びも得られないからである。その上,感情は伝染する。特に,多くの人びとが同時に感じる感情はそうである。興奮した集会に出席していて興奮しない人は,ほとんどいない。反対の意見を持っている人の場合は,その反対は激したものになる。そして,大部分の人びとにとって,そのような反対意見は,自分の考えに賛成してくれる別のたくさんの仲間がいるという思いに支えられた場合にのみ可能となる。これが,'聖徒との霊的な交わり'(注:'Communion of Saints'(「聖徒との交わり」)にはいろいろな解釈があり,ラッセルがこの言葉をどのような意味で使ったか不詳)が迫害された人々にとってあれほどの慰めとなった理由である。私たちは,群衆と協力したいというこの願望に黙従すべきだろうか,あるいは,教育はそうした願望を弱めるように努めるべきだろうか。いずれの側にも言い分がある。そこで,正しい答えは,一方的な軍配をあげるのではなく,適当な釣り合いを見いだすことでなければならない。
 人を喜ばせ,協力したいという欲望は当然強く正常であるべきであるが,ある重要な場合には,他の欲望がこれに打ち勝たなければならない,と私は考える。人を喜ばせたいという願望が望ましいものであることについては,すでに感受性に関連して考察したところである。こういう願望がなければ,私たちはみんな粗野な人間になってしまうし,家族よりも大きい社会集団はすべて成立しなくなってしまうだろう。(また)幼い子供たちが両親によく思われたいと望まないのであれば,子供たちを教育することは非常に困難になるだろう。感情の伝染するという性格もまた,その伝染がより賢い人からより愚かな人に起こるのであれば,効用を有している。しかし,パニックぎみの恐怖や,パニックぎみの怒りの場合は,もちろん,役に立つどころか,その正反対である。このように,情緒的な受容性という問題は,決して単純なものではない。純粋に知的な事柄においても,この問題は明確ではない。偉大な発見者たちは,群衆に抵抗し,その独立心のゆえに敵意を招かなければならなかった。しかし,平均的な人間の意見は,ひとりで考えたときよりも愚かさの程度がずっと少ない。少なくとも科学においては,普通の一般人が権威を尊敬することは,概ね有益である。

Chap. 2 The Aims of Education (OE02-210)

ラッセル崇拝者の画像
Courage is essential to intellectual probity, as well as to physical heroism. The real world is more unknown than we like to think; from the first day of life we practise precarious inductions, and confound our mental habits with laws of external nature. All sorts of intellectual systems - Christianity, Socialism, Patriotism, etc - are ready, like orphan asylums, to give safety in return for servitude. A free mental life cannot be as warm and comfortable and sociable as a life enveloped in a creed: only a creed can give the feeling of a cosy fireside while the winter storms are raging without.
This brings us to a somewhat difficult question: to what extent should the good life be emancipated from the herd? I hesitate to use the phrase 'herd instinct', because there are controversies as to its correctness. But, however interpreted, the phenomena which it describes are familiar. We like to stand well with those whom we feel to be the group with which we wish to co-operate - our family, our neighbours, our colleagues, our political party, or our nation. This is natural, because we cannot obtain any of the pleasures of life without co-operation. Moreover, emotions are infectious, especially when they are felt by many people at once. Very few people can be present at an excited meeting without getting excited: if they are opponents, their opposition becomes excited. And to most people such opposition is only possible if they can derive support from the thought of a different crowd in which they will win approbation. That is why the Communion of Saints has afforded such comfort to the persecuted. Are we to acquiesce in this desire for co-operation with a crowd, or shall our education try to weaken it? There are arguments on both sides, and the right answer must consist in finding a just proportion, not in a whole-hearted decision for either party.
I think myself that the desire to please and to co-operate should be strong and normal, but should be capable of being overcome by other desires on certain important occasions. The desirability of a wish to please has already been considered in connection with sensitiveness. Without it, we should all be boors, and all social groups, from the family upwards, would be impossible. Education of young children would be very difficult if they did not desire the good opinion of their parents. The contagious character of emotions also has its uses, when the contagion is from a wiser person to a more foolish one. But in the case of panic fear and panic rage it is of course the very reverse of useful. Thus the question of emotional receptivity is by no means simple. Even in purely intellectual matters, the issue is not clear. The great discoverers have had to withstand the herd, and incur hostility by their independence. But the average man's opinions are much less foolish than they would be if he thought for himself: in science, at least, his respect for authority is on the whole beneficial.

(掲載日:2007.07.** 更新日:)